• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

小出恵介主演“ダメ男子”の恋愛描く4夜連続ドラマが放送決定

 フジテレビ(※関東ローカル)で小出恵介主演の深夜ドラマ『それでも僕は君が好き』が今秋放送することが決定した。

本作は、台湾の人気脚本家・徐誉庭の小説「馬子們!(「マーズマン」直訳:彼女たち)」を原作に、絵本奈央が漫画化した同名作品(別冊少年マガジンにて連載中)をドラマ化したもの。小出演じる情けなくて“ダメ男”だけど、どこか憎めない青年・佑輔の10歳から29歳までの恋愛遍歴を振り返るという物語を4夜連続で送る。

小出は「台本を読んで“ドラマでやっていいのかな?”と感じるくらい自由に書かれていて、かなり攻めている作品だなと。台本に書かれていても現場では、ほどほどにやるんだろうと思ってたのですが、実際はその倍くらいの演技をする異例の現場でした。下ネタの部分が多くて、パンツ一丁のシーンがいくつもありました(笑)。あと、1日で何人もの女性とキスシーンを撮影して、“エロ酔い”しました(笑)」と撮影を振り返った。

作品の仕上がりについて小出は「テンポが良くて、トーンも跳ねているので、非常に見やすい作品だと思います。純粋で前のめりなかわいさがあふれた愛すべき男性と、それを愛してくれる女性のストーリーにご注目いただきたいです。“温かい気持ちになれるエロドラマ!?”だと思いますので、ぜひ楽しんでください」と。

 また、ヒットメーカー・森雪之丞が作詞を担当する制作中のドラマ主題歌を、中国、韓国、日本のメンバーで構成されるアジアグローバルユニット・CROSS GENE(クロスジーン)が歌うことも決定。

 淡く切ない今どきの男子の恋愛を、ポップで軽やかに、そして刺激的に描くドラマ『それでも僕は君が好き』は、フジテレビ(※関東ローカル)で今秋4夜連続で放送。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える