• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

中村倫也主演映画「星ガ丘ワンダーランド」がモントリオール映画祭に正式招待決定

 2016年公開予定の映画「星ガ丘ワンダーランド」が、8月27日から9月7日までカナダ・モントリオールにて開催される「第39回モントリオール世界映画祭」ファースト・フィルム・ワールド・コンペティション長編部門に正式招待されることが決定した。

 アカデミー賞の前哨戦としても注目される、北米最大規模の国際映画祭「モントリオール世界映画祭」。日本の作品としては、2008年に「おくりびと」が最優秀作品賞を受賞、その後10年に「悪人」で深津絵里が最優秀女優賞、11年に「わが母の記」が審査員特別賞グランプリを、そして昨年は「ふしぎな岬の物語」が審査員特別賞グランプリとエキュメニカル審査委員賞の2冠を、「そこのみにて光輝く」が最優秀監督賞を獲得している。

 映画「星ガ丘ワンダーランド」が正式招待された「ファースト・フィルム・ワールド・コンペティション」は、初監督作品のみが選出される部門。過去には、2009年に西川美和監督、笑福亭鶴瓶主演「ディア・ドクター」が選ばれており、本年は「ディアーディアー」と、クラウドファンディングで制作されたた「ねぼけ」(壱岐紀仁・プロカメラマン)もこの部門で出品される。

 主演の中村倫也は、「『日本映画を世界へ』が、自分の目標であり、夢のひとつでした。今回、『星ガ丘ワンダーランド』がモントリオール国際映画祭に参加できることを聞き、とてもうれしく、光栄に思っています。海外の方々がこの美しい作品をどう観るのか、どう受け取るのか。僕自身、一映画ファンとして、楽しみにしています」と喜びを語った。

 佐々木希は「モントリオール国際映画祭正式招待おめでとうございます!『星ガ丘ワンダーランド』という本当に素敵な作品に巡り会え、参加することができたことを心からうれしく幸せに思います。柳沢翔監督の演出、中村倫也さんのお芝居にたくさんのことを学びました。再びこのような素敵な作品に参加できるよう、日々精進したいと思います!」と。

 柳沢翔監督は「連絡を受けた時、スタッフ、キャストの皆さんの顔が浮かびました。“みんな、やったよ!!”と叫びたくなりました。彼らと一緒に作った作品が、たくさんの方に観てもらえるチャンスを得たことが、本当にうれしいです!!」と語った。

■ストーリー
その日、母さんはボクを捨てた―。
それから20年、ある日突然届いた報せは母の自殺だった。
幼いころに母親に捨てられ、成長した今は星ガ丘駅の落し物預り所で働く若者・温人(中村倫也)の元に次々に現れる落し物を探す訳ありの面々。
落し物の持ち主を想像しては、名札の裏に似顔絵を描く。それはそっくりだったり、まったく違っていたり…。行き場を失ったモノたちは、どのようにしてここに来て、どんな人に愛されていたのか…
そんな想像をする日々が温人の日常だった。
だがある日、幼いころに自分を捨てた母親が自殺したという一報が届く。そこから、温人の止まっていた人生が動き始める。彼自身も知らなかった事件の真相、そして過去が明かされていく―。

映画『星ガ丘ワンダーランド』
2016年、全国ロードショー

中村倫也 新井浩文 佐々木希 菅田将暉 
杏 市原隼人 木村佳乃 松重豊

監督: 柳沢翔
脚本:前田こうこ 柳沢翔
企画・プロデュース:前田浩子
エグゼクティブ・プロデューサー:森山敦
プロデューサー:平体雄二
撮影:今村圭祐
照明:織田誠
録音:岡本立洋
美術:柘植万知
装飾:徳田あゆみ
VFXアドバイザー:川村大輔
コスチュームデザイン:堀井香苗
ヘアメイク:竹下フミ 助監督:平井淳史
制作担当:田島啓次
音楽:渡邉嵩
音楽プロデューサー:緑川 徹
編集:木村悦子
製作:「星ガ丘ワンダーランド」製作委員会
企画・制作:アルケミー・プロダクションズ
制作プロダクション:スタジオブルー
配給:ファントム・フィルム

公式HP(http://hoshigaoka-movie.com/

(C)2015『星ガ丘ワンダーランド』製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える