• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

嵐がアクションシーンに挑戦!5色のドロップを求めて大冒険

 嵐が出演する新感覚パズルRPG「パズル&ドラゴンズ」の新CM「Future Gaming」篇が8月10日よりオンエア中。

 新CMでは、嵐のメンバーがバスドラでおなじみの「ドロップ」と呼ばれる5色の球体を一か所に集めると何かが起こるという「Future Gaming」に挑戦。何げなく見上げた上空やテレビ画面に、謎の飛行物体として現れた「ドロップ」を発見。ドラマのロケ場所や、番組収録中のスタジオ、休日にくつろいでいたカフェなど、それぞれがいた場所をすぐさま飛び出し、ダーゲットの「ドロップ」を手に入れるための大冒険を繰り広げる。5人が、赤=火(櫻井翔)、青=水(大野智)、緑=木(相葉雅紀)、黄=光(二宮和也)、紫=闇(松本潤)と、それぞれのメンバーカラーと同じ色の「ドロップ」を持ち寄った次の瞬間、共鳴し合う5色の「ドロップ」から放たれるものとは…。

 一人ひとりがドロップを発見して、最後に集まるという設定上、個々の撮影シーンが多く、ようやくメンバー全員が集合したのはラストシーン。ドロップを掲げるシーンでは、監督のOKに思わず顔を見合わせてほほ笑んだ松本、二宮につられて、ほかの3人も笑顔でハイタッチ。

 工事現場の足場(松本)や、路地裏のブロック塀(櫻井)を利用して駆け昇ったり、ビルの屋上(二宮)から大きくジャンプしたりなど、嵐のアクションシーンが満載の新CM。メンバーはどうすればよりダイナミックかつナチュラルな動きに見えるのか、アクション指導の先生や監督と話し合いながら、納得が行くまでアクションの精度を高めていたという。そんな中でも、初体験の撮影手法が多く、準備中も興味津々のメンバーは、楽しみながら撮影に臨んでいたそう。

 撮影を終えたメンバーは「あっという間でしたけど楽しかったですね」(大野)、「嵐対嵐を描いたクールな前回(2015年2月放送の『パズドラ』3周年記念CM)と違って、今回は和気あいあいとした雰囲気が強くて」(相葉)、「身近な設定もありつつ、ちょっと近未来なCMですよね」(松本)、「奇遇ですが、パズドラのドロップのカラーって、嵐のメンバーカラーと一緒なんです」(櫻井)、「末永くよろしくお願いします!」(相葉)とCMについて語った。

 嵐出演の「パズル&ドラゴンズ」の新CM「Future Gaming」篇は8月10日よりオンエア中。CMの撮影風景、嵐のインタビューを収録した特別映像などが見られる特設サイトも同日オープン。また、東京駅、新宿駅、渋谷駅、名古屋駅、阪急梅田駅、博多駅、西鉄福岡(天神)駅での駅貼り、デジタルサイネージも展開される。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える