• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ジャルジャル・後藤の祖父も戦地へ…戦後70年、平和を考える

 終戦記念日の8月15日(土)、関西テレビにて『みんなで考える戦後70年~芸能人が探る自分ストーリー~』(後3・55~5・25)が放送される。戦後70年という節目の今年、番組では身内が戦争に深く関わっていた芸能人を通し戦争と今を生きている私たちの関わりを描いていく。

 ジャルジャル・後藤淳平は、母方の祖父が“陸軍少年飛行兵”だった。今回後藤は、戦闘機パイロットとして特攻志願中に終戦を迎え、生き延びた祖父と共に、鹿児島県南九州市知覧を訪問。祖父が乗っていた陸軍の戦闘機“疾風(はやて)”や、特攻で亡くなった祖父の戦友たちの遺書や写真を目の当たりにする。

 後藤は戦争非体験者だが、知覧の訪問や祖父の話を聞いたことで「僕も、よりリアルに戦争を感じた」という。「今回、おじいちゃんと一緒に行ったという意味合いはほんとに大きかったですし、良かったですね。実際に、おじいちゃんも戦友の写真を見て泣いていて…。戦争といわれても、僕自身いまいち世代的にもピンとこないんですけど。実際におじいちゃんと同じ時間を同じ部屋で過ごした人の名前があって、それを見て泣いているおじいちゃんがいて。そういうのを見て、“ほんまに戦争って現実やったんや…”って」。

さらに「おじいちゃんは特攻を志願していて、たまたま順番が回ってこなかっただけで、当時のおじいちゃんの気持ちは“何で選ばれへんねん。行かしてくれよ”みたいだったって言うてたんです。その気持ちは、やっぱり今の僕らは絶対に理解できないと思うんですけど、そういう話を直接、幸いにも聞ける環境なので、聞けるだけ聞いておきたいと思います。僕も実際、子供もいてますので“戦争って、おじいちゃんが言ってたけど、こんなんなんやで”と子供に伝言して、伝えることができると思いました」と次の世代へと伝承していくことの重要性を明かしていた。

番組のナビゲーターには関西テレビの新人アナウンサー・竹崎由佳が担当。子役出身の竹崎は、12歳のとき映画「血と骨」でビートたけしの娘役として出演するという異色の経歴の持ち主。今回10年ぶりとなる“もんぺ”姿で収録に臨み、VTRの説明や進行、さつまいもや竹やりなどを手にしながら、当時の生活の様子を再現する演技にも挑戦している。
久しぶりのもんぺ姿に竹崎は、「映画『血と骨』の撮影のときは12歳で、戦争のことはよく知らなかったのと、R15指定で完成した映画を見ることができなかったので、大人になってから見て映画の内容を知りました。ちょっと見るに堪えないシーンもあったりして壮絶だなと。本当に昔、こんなことがあったんだと想像してみました。当時はあまり戦争を意識せずにもんぺをはいて撮影に参加していましたが、今回は特別な思いで着させてもらいました」とコメント。

「今、どれだけ恵まれていて、日本がどれだけ平和なのかというのを感じますし、それがあるのは昔の人たちが過去の過ちを繰り返さないと決めたからだと思います。その気持ちを忘れてしまったらまた起こりうることなので、どんどん次の世代に伝えていく必要があると、私自身、その思いを新たにしました。この番組を見て、ぜひ、戦争について一緒に考えてもらえるきっかけになればと思います」と話し、戦争と向き合う大切さを語った。

『みんなで考える戦後70年~芸能人が探る自分ストーリー~』(関西テレビ)は、8月15日(土)後3:55から放送。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える