• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「愛踊祭」東海エリア代表は“アイドル教室”に決定!でんぱ組.incの古川未鈴&夢眠ねむも応援

全国のアイドルによる国民的アニメソングカバーコンテスト「愛踊祭~あいどるまつり~」の3次審査となるエリア代表決定戦が8月10日に開催され、東海エリア代表は“アイドル教室”に決定した。

コンテストには、応募総数174組からWEB審査を通過したアイドル、BELLY BUTTON、fizz.、THE SPUNKY、dela、アイドル教室、ROSARIO+CROSS(出演順)が出場。東海エリア代表の一枠をかけて、それぞれが圧巻のパフォーマンスを披露し、会場に集まった観客は大熱狂。また、本コンテストのアンバサダーを務める、でんぱ組.incから古川未鈴、夢眠ねむも出演し、会場を盛り上げた。

トップバッターで登場したBELLY BUTTONは、イリュージョンを用いたパフォーマンスで会場を沸かせた。続くfizz.は、アニメに登場する「一休さん」と「さよちゃん」に扮して課題曲を披露。思い切った坊主姿に会場中がくぎづけとなった。続いて登場した、THE SPUNKYは、バラード曲を熱唱。会場の空気を一変させ、その歌声に思わず観客もうっとり。続いてdelaは、タオルを回すパフォーマンスで会場の温度をますます高めた。スパンコールがきらめく衣装で、アイドル教室が登場。寿司店オーナーがプロデュースする通称「寿司ドル」で、パワフルで息の合ったパフォーマンスを見せつけた。最後に登場したのは、結成1か月のROSARIO+CROSS。メンバーカラーのサイリウムを持ちながらキレのあるダンスで、堂々たるステージを披露した。

優勝を飾ったアイドル教室は、「限られた時間の中で精いっぱい練習しました。本当にうれしいです。たくさんの応援ありがとうございました!」と語り、うれし涙をこぼすと会場からは温かい拍手が送られた。また、「皆さんのパフォーマンスが素晴らしく、レベルの高い戦いだったと思います。私たちも負けないように気合を入れ直して、最終審査のTOKYO DOME CITY HALLでは最高のパフォーマンスを披露したいです」と、最終審査に向けての意気込みを語った。

9月22日(火・祝)にTOKYO DOME CITY HALLで開催される最終審査では、アンバサダー(でんぱ組.inc、アンジュルム)によるスペシャルライブも実施される。

『愛踊祭~あいどるまつり~』公式HP http://idolmatsuri.jp/
『musicるTV』番組HP http://www.music-ru.com/
テレビ朝日系 毎週(月) 深夜1・26~ほか
※地域によって放送日時が異なります。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える