• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

平岡祐太と小島瑠璃子が石原さとみにメロメロ!?

 現在公開中の映画「進撃の巨人」の前後編と連動する、dTVオリジナル「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN反撃の狼煙」配信記念イベントが大阪で開催され、dTVオリジナルの新キャラクター“イズル”役の平岡祐太と「進撃の巨人」ファン代表として小島瑠璃子が登壇した。

 上映終了後ステージに登場した平岡は、「本日はありがとうございます。お客様に見せるのはすごく緊張していました。大好きな『進撃の巨人』に出演できて良かったです」とあいさつし、劇中で石原さとみが演じるハンジの衣装を身にまとった小島は、「今回このように衣装を着させてイベントに出してもらいました!本当にテンション上がってます!今日は進撃の巨人愛を語らせていただきます」と興奮ぎみ。

 2人とも「進撃の巨人」の原作の大ファンということで、今回の実写化に関して小島は、「正直できるのかなと思いました。巨人を描くこともそうだし、私たちの大好きな立体起動装置がどうなるのか、あとはキャラも個性的だしそれもどうなるのかと…でも見てみたら進撃の巨人でした」と絶賛。いっぽう、実写化にあたり出演を熱望していた平岡は、「漫画を見返したときに、僕のキャラはいないなって思って、無理だなと思っていたんです。だから今回dTVでオリジナルキャラクターを作ってもらって、ちょうど南米で金を見つけに穴を掘るっていう企画の仕事をして疲れて帰ってきたときだったんですが(笑)、チャンスって巡ってくるんだなと。それで元気になりました」とコメント。

 また、今回の「進撃の巨人 反撃の狼煙」で主演を務める石原さとみについて、「まさにハンジそのもの。スーパー女優魂を持った人。そして女子力が高い!撮影で本当にみんな疲れているときに、主演自らマンゴーを切って差し入れてくれて。座長としてすごいなと」と平岡が絶賛すると、小島も「事務所でお会いしたときに、『あー、テレビの右上の小さいところ(ワイプ)でわーって言ってる人だ(笑) 』って言ってくださって。たまたま同じ青いワンピースを着てたんですけど、一緒に写真撮ろうって石原さんから言ってくださって。女性でも好きになっちゃう人です」と石原のエピソードを語った。

 最後に本作について平岡は、「映画の前編をご覧になった方は、このdTVオリジナルのドラマを見てもらうと、映画では描かれていない部分が描かれているので楽しいと思いますし、映画の後編をより楽しめると思います。」と語り、小島も「本当にもっともっと『進撃の巨人』が好きになりますし、キャラクターも好きになれるドラマになっています。ドラマの域を超えています。大きい画面で見てほしいので、ぜひこのターミナルを使って大きい画面で迫力のドラマを観てもらいたいと思います!」と応援団としてPRした。

 現在公開中の映画「進撃の巨人」前篇や、後篇(9月19日(土)公開)、実写版映画では描き切れなかった“人類存亡を賭けた巨人との闘い”に挑む兵士たちの姿をドラマ化した、dTVオリジナル「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN反撃の狼煙」が8月15日(土)からdTVで配信される。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える