• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『リベンジ 4』フィナーレに芦名星「満たされた気持ちでいっぱい」

(C)Dlife

 Dlifeにて放送中の海外ドラマ『リベンジ シーズン4』(毎週(日)後11・00~)。シリーズのフィナーレを迎える9月13日(日)放送の最終話に向け、最後のアフレコを終えた日本語吹替えキャストの芦名星、綱島郷太郎、三木眞一郎からコメントが到着した。

芦名星<(偽名)エミリー・ソーン / (本名)アマンダ・クラーク>
思い返してみると長かったような短かったような4年間でしたが、最終回のアフレコ収録を終えた今は満たされた気持ちでいっぱいです。復讐という重いテーマが根本にある作品ですが、エミリーはダークな面だけでなく、柔らかい表情だったりかわいらしい面もある女性。いろんな表情を持っている彼女を演じられてとても幸せだったなと思います。シリーズを振り返って一番印象に残っているのは、やっぱり父親が生きていたとこ!視聴者の皆さまも驚かれたと思いますが、私も本当にびっくりしました!(笑)最終回まで、ぜひ楽しんで見ていただければと思います

綱島郷太郎<ジャック・ポーター>
当初、ジャックはまさか最後まで生き残れるとは思わなかったです(笑)。ハンプトンの中では1番まともだったんじゃないかと思います。まともだった人間がいかに引きずられて、何を選択して、そして未来を歩んでいったか、ですよね。ここまで追いかけて、一緒に楽しんでくださって、感謝の気持ちでいっぱいです。

三木眞一郎<ノーラン・ロス>
本当に魅力的な人物の最後まで付き合えたのはうれしいですし、感謝しています。1番印象に残っているシーンは、自分のノートPCをプールに投げ捨てられたときの叫び声でしょうか(笑)。いろんな人に「面白かったよ」と言ってもらえるととてもうれしいし、そう言っていただける方たちがいてくださったので、本国で作り切ったものをちゃんと最後まで日本語版で皆さまにお届けすることができたのだと思います。本当にありがとうございました。

 無実の罪を着せられて終身刑となった亡き父にささげるエミリーの復讐劇を描いた本作。第18話ではついに自分の正体がアマンダだと公表したエミリー。8月16日(日)放送の第19話では、エミリー改めアマンダが過去に復讐してきた人間を思い返しながら、次の手を探っていく。

『リベンジ シーズン4』
全国無料のBSテレビ局Dlife(ディーライフ)にて、毎週日曜 後11時00分より放送中
ニか国語:毎週日曜 後11・00~深0・00
再放送:毎週日曜 後2・00~3・00
字幕版:毎週土曜 深3・00~4・00

(C)Dlife

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える