• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『にじいろジーンSP』MC3人が日本の夏を満喫!

 8月15日(土)の『にじいろジーン』(フジテレビ系)は、夏休み時期恒例のスペシャルバージョンを放送する。ガレッジセールの大人気コーナー“ニッポンふるさと大使”をMC全員で行うという企画で、山口智充、ベッキーが初参加。山口は長崎県壱岐島、ガレッジセールは沖縄県伊江島、ベッキーは群馬県片品村をそれぞれ訪問し“町の中のステキな日本”を探す旅に出る。

壱岐島を初めて訪れたという山口は「想像以上にいいとこでした!食べ物のおいしさにまず感動しましたね。壱岐島だけにいる魚とか珍しい食材とかではないんですけど、海の恵みをしっかりと受けて、料理を作っていらっしゃるというのがすごく分かる島でした」とロケの感想を。芦辺地区の夏の名物・海女さんの素潜り漁にも挑戦し、「ぜひとも、そのときの衣装。コスチュームをお見逃しなく(笑)。壱岐の海女スタイルをしっかりと忠実に再現させていただきました。ただ、本来のマニュアルよりも若干省いていますが(笑)」とアピール。

ガレッジセールは「(伊江島に来たのは)小学校の遠足以来だったので、30年ぶりぐらいでした。もっと定期的に行っとけばよかったって思うくらい、海がきれいすぎてびっくりしました。海岸沿いに永遠に幸せが続いていましたね」(ゴリ)、「沖縄本島から船で30分かからないぐらいなのに全く本島と空気が違うし、島のゆったりした雰囲気がすごくステキだなと思いました。小学生のころに行ったときは、伊江島タッチュー(城山)っていう山の記憶しかなかったんですけど、ほんとに海もきれいだし、ゆったりとした時間が流れてるし、島の人たちものんびりしていてすごい良かったなと。今度プライベートで家族を連れていきたいなと思いましたね」(川田)とそれぞれコメント。沖縄出身の2人も驚きの絶景だけでなく、ご当地ドリンクの伊江ソーダや高級魚・アーラミーバイの養殖所など地元グルメも堪能する。

 ベッキーは片品村の中心部へと向かい、村の自慢を住民に聞きこみ調査。「台本には書けない偶然の出会いがあったりとか、スタッフさんもリサーチし切れなかったトークの展開とかもあったりしますし、やっぱりいい意味のハプニングがたくさん起こるのが楽しいです」とロケを振り返り、「排水溝が詰まって困っているおじさんにも会ったりして、その詰まりをなぜか私も一緒に解決するためにやったり(笑)」と珍ハプニングにも遭遇したことを明かす。新鮮なとうもろこしで人気の「とうもろこし街道」や、無数に広がる真っ白なアジサイ畑など、すてきな日本との出会いが見どころだ。

『にじいろジーン夏休みニッポンふるさと大使SP』は8月15日(土)前8・30より放送。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える