• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

中山優馬が初主演舞台で肉体改造「脱いでも問題ない」

 舞台「ドリアン・グレイの肖像」の公開舞台稽古が8月15日(土)に行われ、主演の中山優馬、徳山秀典、舞羽美海、仲田拡輝(ジャニーズJr.)が囲み会見に登場した。

 中山は本作が本格舞台初主演。「カンパニー全員でしっかりと稽古してきました。素晴らしいものが出来上がったと自信を持って言いたいと思います」と語り、「もともと何も考えずに飛び込もうと思っていました。演出のグレンさんにもいろいろ教えていただき、お芝居の深さや楽しさなどをすごく深いところまで掘り下げてくださったので、いろんな感情が渦巻いているのを楽しんでいます」と心境を明かした。

 そんな中山の座長ぶりに「初めてとは思えないです。みんなのことを芝居でちゃんと引っ張ってくれています」と徳山が讃えると、舞美も「純粋に尊敬できる座長。ドリアンそのものです」と絶賛。金は「珍しいくらいに仲が良かった。30年以上やっていますけど、こんなカンパニーは初めて」とチームワークも抜群の様子。

 劇中では上半身裸になるシーンもあるため、中山に体の鍛え方を教えたという徳山は「家からダンベルを全部持っていってトレーニングしました。胸に厚みができたもんね」と仕上がりに満足げ。中山は「稽古中から筋肉トレーニングを全体的に教えてもらって、体重も1度6㎏落として、そこから4㎏戻しました。脱いでも問題ないです」とトレーニングの成果を明かし、「今はもう(ポスターの絵画を)越えてんちゃいますかね」と自信をのぞかせた。

 仲田も演出家から徳山式筋トレをやるように言われたそうだが「秀さんの筋トレはキツすぎて1週間持ちませんでした」と苦笑い。「でもちゃんと自主的に隠れてやってました。仕上がりはよろしいと思います」と語った。

 また、本作がストレートプレイ初挑戦となる中山と仲田。「稽古初日は優馬と“踊りたい!”って、手持ちぶさたで言ってたんですけど、今は演技が楽しい」と仲田が笑顔を見せると、中山も「最初は緊張とプレッシャーがあって、ダンスをすれば落ち着くんじゃないかと思ったんでけど、今はもう芝居で踊ってます!」と胸をはった。

 舞台「ドリアン・グレイの肖像」は8月18日(火)まで東京・新国立劇場にて、8月22日(土)~26日(水)まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて、8月29日(土)~30日(日)まで福岡・キャナルシティ劇場で上演。また、9月1日(火)~6日(日)に東京での凱旋公演も決定している。

舞台『ドリアン・グレイの肖像』
作:オスカー・ワイルド 
脚本:G2
演出:グレン・ウォルフォード
出演:中山優馬、徳山秀典、舞羽美海、仲田拡輝(ジャニーズJr.)、金すんら ほか
製作:松竹株式会社/フジテレビジョン
主催:フジテレビジョン/松竹株式会社(東京公演)
関西テレビ放送/松竹株式会社 (大阪公演)
テレビ西日本/ピクニック(福岡公演)

舞台「ドリアン・グレイの肖像」公式HP(http://www.dorian-gray.jp/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える