• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

アン・ハサウェイがすべての女性に送る意欲作「マイ・インターン」予告編公開

(C)2015 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

 映画「プラダを着た悪魔」や「レ・ミゼラブル」などで知られるアン・ハサウェイの主演最新作「マイ・インターン」の予告編が公開された。

「プラダを着た悪魔」で恋に仕事に奮闘し、ファッション業界でキャリアアップしていく姿を等身大で演じ世界中の女性から憧れの的となったアン・ハサウェイ。あれから9年、今度はアンがニューヨークのファッションサイトの社長・ジュールズを演じる。本作は、まるで「プラダを着た悪魔」の主人公のその後のような、すべてを手に入れた彼女の新たな出会いと試練を描く話題作だ。

 本作でジュールズ役を演じたアン・ハサウェイは、実はオーディションを受けて役をもらったと明かしている。「レ・ミゼラブル」でアカデミー賞助演女優賞を獲得し、見事オスカーを手にしたアン。オーディションを受ける必要などないと思われるが、本作のジュールズ役はオーディションを受けてまで演じたかったのだという。

 アンはその理由について「オーディションを受けるのは怖かったけど、ジュールズ役をどうしても演じたかった。ジュールズはいつも肩に力が入っていて、重大な責任を一身に背負いストレスが溜まっているの。でもそれは(社長という立場ではなくても)女性なら誰でも経験する普遍的な気持ちだと思う。だからとてもやりがいのある役だと思ったのよ」と語った。

 今回公開された予告編では、仕事も家庭も人生最大の試練が訪れるジュールズや、“シニア”インターンとして雇った40歳年上のベン(ロバート・デ・ニーロ)とジュールズとの出会い、そして彼の優しい人柄や献身的な仕事ぶりを見てジュールズの心が次第に癒やされ人生に変化が訪れる様子が収められている。

映画「マイ・インターン」は、10月10日(土)より全国公開。

「マイ・インターン」予告編

「マイ・インターン」公式HP(http://wwws.warnerbros.co.jp/myintern/

【STORY】
 ジュールズ(アン・ハサウェイ)は、家庭を持ちながら何百人もの社員を束ね、ファッションサイトを運営する会社のCEO。女性なら誰しもが憧れる華やかな世界に身を置く彼女。仕事と家庭を両立させ、まさに女性の理想像を絵に描いたような人生を送っているかに見えたが、彼女には人生最大の試練が待っていた。そんな悩める彼女のアシスタントにきたのは、会社の福祉事業として雇用することになった40歳年上の“シニア”インターンのベン(ロバート・デ・ニーロ)。人生経験豊富なベンは、彼女に“最高の助言”をアドバイスする。次第に心を通わせていく2人だが、彼の言葉に救われたジュールズには予期せぬ人生の変化が訪れるのだった。

配給:ワーナー・ブラザース映画

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える