• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

桐谷美玲主演ドラマで石田ニコルが“ランジェリー姿”を披露!

 9月2日(水)よりインターネット映像配信ネットワークNetflixでの配信が決定している、フジテレビ制作の桐谷美玲主演、Netflix Original ドラマ『アンダーウェア』(全13話)。ドラマに出演が決定している石田ニコルが撮り下ろしのランジェリー姿を披露した。

 今秋に世界50か国での独占配信を予定している本作。桐谷美玲演じるファッションに全く興味のない田舎娘のヒロインが、銀座の高級ランジェリーメーカーに就職。これまで自分が接したことがない価値観に触れ、戸惑い、失敗を繰り返しながらも、上司や同僚たちに助けられ成長し、夢をつかんでいくさまを描く“共感度100%”のお仕事ドラマ。

 トップ下着メーカーのトリンプの全面協力の下、これまで語られることがなかったランジェリー業界の裏側や、女性が気になる下着についての“あるある”トリビアも満載。『リッチマン、プアウーマン』『失恋ショコラティエ』の脚本家・安達奈緒子が紡ぎだす、華やかな世界の裏に隠された女性たちの本音が満載、女性必見の内容になっている。

 本作のタイトルの『アンダーウェア』は、“下着”そのものの意味と、同時に“女たちの内側に秘めた本音と思い”という本作の重要なテーマを表しており、登場するランジェリーの数々には女性たちへの大切なメッセージが込められているという。

 今回、石田が披露したランジェリー姿は、9月2日(水)からの配信に先駆け、作品のメッセージを表したもの。公開された写真は、特別に撮り下ろした貴重なカットで、本作に出てくる“大人の女性に向けたランジェリー”のイメージに合わせ、本人が選んだ黒の大人っぽくセクシーなランジェリー姿で撮影。同性たちもうらやむ抜群のプロポーションで、ランジェリーを通して女性たちの“美”を追求していくという『アンダーウェア』のテーマを体現している。

 石田は本作で、本業でもあるモデルの町田沙里衣(まちだ・さりい)役として出演。本作の出演について、「もともとランジェリーは身近で、愛着もあって、大好きなものだったので、この作品への出演のお話しを頂いたときは素直にうれしかったです」とコメント。また、演じる沙里衣について、「ストイックで真面目な頑張り屋さんで、野心も持っている女性。周りに対していつか見返してやるぞ!という思いを秘めていて共感する部分が多い役柄です。男の子っぽくて、サバサバしていて、友情を大切にしていて、そんなところも自分と似ているかなと思っています」と語っている。

 Netflix Originalドラマ『アンダーウェア』は、9月2日(水)よりNetflixにて独占プレミア配信。

<Netflix>
9月2日より日本でのサービス開始が決定している、50カ国以上で6500万人を超える会員を抱える世界最大のインターネット映像配信ネットワーク。

<ストーリー>
 大学時代に繊維の研究をしていた“繊維オタク”の時田繭子(桐谷美玲)。繊維メーカーに就職を希望するも、ひょんなことから、銀座にあるオーダーメードの高級下着メーカー“Emotion”で働くことに。そこでは、創業25年にして日本のランジェリー業界を引っ張るアイコン的存在のEmotion社長・南上マユミの下、一流ブランドを背負って立つスタッフたちがそれぞれの仕事にプライドを持って働いていた。田舎から出てきた繭子は、自分の人生で接したことのない価値観に戸惑いながらも、次第にこの仕事に魅せられ、周りに助けられながら成長していく。

<スタッフ&キャスト>
脚本:安達奈緒子(『リッチマン、プアウーマン』『失恋ショコラティエ』)
演出:尾形竜太(『警視庁失踪人捜査課』)、葉山浩樹(『僕のいた時間』)
音楽:Tim Wynn(『ラッキーセブン』)
プロデュース:関口大輔(『SP』 『リッチマン、プアウーマン』)
出演:桐谷美玲/酒井若菜、千葉雅子、マイコ、海東健、桜田通、折井あゆみ、石田ニコル、河北麻友子/田島令子・野間口徹、野村宏伸、小倉久寛/大地真央

制作著作:フジテレビジョン  
制作協力:FILM

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える