• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「愛踊祭」関西エリア代表は“OSAKA BB WAVE”に決定!でんぱ組.incの相沢梨紗と夢眠ねむも応援

 全国のアイドルによる国民的アニメソングカバーコンテスト「愛踊祭~あいどるまつり~」の3次審査となるエリア代表決定戦が8月14日に開催され、東海エリア代表の“アイドル教室”に続き、関西エリア代表が決定した。

 コンテストには、応募総数174組からWEB審査を通過したアイドル「Miniature Garden」「天空音パレード」「OSAKA BB WAVE」「OSAKA 翔 GANGS」「Dancing Dolls」「Jeanne Maria」(出演順)が出場し、それぞれが個性あふれるパフォーマンスを披露。

 メンバーカラーの衣装に身を包み、華やかにトップバッターで登場した「Miniature Garden」は、緊張をのぞかせながらも笑顔満開でパフォーマンスを披露し、会場からも声援が飛んだ。続く「天空音パレード」は、夏らしく浴衣姿で登場。掛け声で観客をあおり、会場はますますヒートアップさせた。続いて登場した「OSAKA BB WAVE」は、パワフルで息の合ったダンスパフォーマンスを披露。ダンスだけでなく、甘い歌声でも観客を魅了した。続いて登場したのは結成9年目の「OSAKA 翔 GANGS」。課題曲では、アニメのキャラクターに扮してパフォーマンスし、でんぱ組.incも「見ていて、とても楽しかった」とコメント。続く「Dancing Dolls」は、キレのあるダンスとラップで、クールなステージングを見せつけ、会場の温度を高めた。最後に登場したのは、アクロバティックアイドルの「Jeanne Maria」。ステージ上で繰り広げられるバク転に、会場中がくぎづけとなった。

 優勝を飾った「OSAKA BB WAVE」は、「たくさんの応援、ありがとうございました!最終審査でも絶対勝ちます!」と、うれし涙を見せた。メンバーと同じく、目に涙を浮かべているファンも会場のあちこちで見られ、アンバサダー「でんぱ組.inc」も祝福。「今日は関西ならではのパフォーマンスが見られ、皆さん本当に素晴らしかったです。私たちも皆さんのパワーに負けないように、最終審査の東京ドームシティホールでは最高のパフォーマンスを披露したいです」と語った。

9月22日(火・祝)にTOKYO DOME CITY HALLで開催される最終審査では、アンバサダー(でんぱ組.inc、アンジュルム)によるスペシャルライブも実施される。

『愛踊祭~あいどるまつり~』公式HP http://idolmatsuri.jp/
『musicるTV』番組HP http://www.music-ru.com/
テレビ朝日系 毎週(月) 深夜1・26~ほか
※地域によって放送日時が異なります。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える