• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

宮沢りえがモードな着こなし披露!現代美術家INA JANG とファインアートに挑戦

 ファッションブランドSENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH(センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ)は、女優・宮沢りえを起用した2015 年秋冬のイメージビジュアルを、8 月21 日(金)より展開する。

 ワールドトレンドを重視するファストファッションでありながら、ハイセンスかつハイクオリティであることなどを掲げる同ブランドと、日本を代表する女優として圧倒的な演技力と芸術性で数々の賞を受賞してきた宮沢りえ。両者のタッグは、今年のイメージビジュアルからスタートした。

 今回、新たに登場する2015年秋冬のイメージビジュアルでは、ロングシルエットのワンピースや、オーバーサイズのガウンコート、温かみのあるベージュカラーやデニム等、今年の秋冬のテーマである「70’s folklore(フォークロアテイストを取り入れた、ノスタルジックで素朴な70年代スタイル)」を代表する商品を使用。

 フォトグラファーには、ニューヨークを拠点に活躍する女性の現代美術家であるINA JANG(イナ・ジャン)を招聘。アパレル企業の広告ビジュアルを、商業写真家でなく生粋の現代美術家が手掛けるケースは珍しく、故に商業性と芸術性が融合したイメージビジュアルが完成した。

 INA JANGについて宮沢は「作品のクリエイティブさ、カッコよさに対して、とても穏やかな方。作品に対する思いを内に秘めながら、相手に対しては優しくソフトに対応してくれるので、撮影中はとても幸せな時間を過ごすことができました」と語った。

 対するINA JANGは「宮沢りえさんを撮影するのはとてもエキサイティングでした。その圧倒的な存在感は、今までの自分が求めてた”匿名性”の世界観と重ねることで、リフレッシュされた特別な瞬間を共有できたと思います」と宮沢を絶賛。

 撮影中は、INAが「Nice!」「Beautiful!」「Gorgeous!」を連発。宮沢も、INAの撮影した写真をその場で確認しては「ライティングがキレイ」などと絶賛していた。また、英語と日本語が入り混じる撮影現場にもかかわらず、宮沢とINAの意思疎通は完璧で、予定より1時間も早く撮影は終了したそうだ。

SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH公式HP(http://senseofplace.jp

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える