• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

実写版『あの花』子役キャストを監督が絶賛

 人気アニメを実写化する『スペシャルドラマ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」』(フジテレビ系)の放送日時が9月21日(月)後9・00~11・18に決定し、登場人物の幼少期を演じる子役キャストも発表された。
 
 本作は埼玉県秩父地方を舞台に、高校生のじんたん(村上虹郎)と、交通事故で7年前に死んだじんたんの幼なじみの少女・めんま(浜辺美波)の幽霊、そして、めんまの死がきっかけでばらばらになってしまった友人たちの、友情と恋を描く感動作。

 主要キャストには主演の村上をはじめ、浜辺、志尊淳、松井愛莉、飯豊まりえ、高畑裕太ら次世代を担う俳優たちが集結。また、登場人物の幼少期を演じる子役は、約2か月半の時間をかけてオーディションが行われ、南出凌嘉、谷花音、佐藤瑠生、吉岡千波、市原伽恋、高橋幸聖ら6人が選ばれた。

 子役たちの中でも注目を集めているのが『名前をなくした女神』などに出演し、今年で芸歴7年になる、めんま役の谷。監督の西浦正記は「大人顔負けの繊細な表現力が素晴らしかった。あの日見た笑顔の輝きは、作品にみずみずしさを与えてくれました」と谷を絶賛。

 谷は「アニメのキャラクターを演じるのは初めてだったので、最初は緊張もして、プレッシャーもあったんですけど、自分らしいめんまを演じるよう心がけました。自分の中では不安に思っていたお芝居のシーンもあったんですが、監督とプロデューサーさんにこんなに褒めてもらえて、とてもうれしいですし、たくさんの人にこのドラマを見ていただけたら、本当にうれしいです」とコメント。

 天才子役たちの演技にも注目の『スペシャルドラマ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」』は、フジテレビ系で9月21日(月)後9・00より放送。

■番組オフィシャルサイト http://www.fujitv.co.jp/anohana-drama/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える