• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「スター・ウォーズ」6作品が9月よりレンタルでデジタル配信決定!

SF大作「スター・ウォーズ」の6作を安価で提供するデジタル配信(レンタル)が、9月1日(火)より開始される。

デジタル配信(レンタル)とは、視聴期限付きのレンタルサービス。返却は不要で、通常、再生してから48時間などの視聴制限が設定されている。購入するよりもお手軽な価格で視聴できるケースが多い。配信事業は、iTunes、Amazonビデオ、Google PlayTM、J:COMオンデマンド、TSUTAYA TV、クランクイン!ビデオ、dTV、ひかりTV、ビデオパス、PlayStation®Store、U-NEXT、楽天SHOWTIME など。

1977年に公開された「スター・ウォーズ」は、銀河をめぐる壮大なスケールの物語で、最先端のテクノロジー、デザイン、音楽、視覚効果を駆使し、映画製作に真のデジタル革命を巻き起こしたエポックメイキングな作品。12月18日には最新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の公開も控えており、「スター・ウォーズ」熱は世界中で高まっている。

今回配信されるのは、「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」の6作。

今回のシリーズ6作品のデジタル配信(レンタル)によって、テレビやパソコン、スマートフォンやタブレットで、いつでもどこでも「スター・ウォーズ」の壮大な世界を気軽に楽しむことができる。

 さらに、「スター・ウォーズ」の生みの親であるジョージ・ルーカスの貴重なインタビュー映像も到着した。

ジョージ・ルーカス インタビュー映像

公式HP starwars-jp.com/haishin

(C)Lucasfilm Ltd.&TM. All Rights Reserved.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える