• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

朝ドラ『まれ』クランクアップ!ヒロイン・土屋太鳳に清水富美加は特別な思いを!?

 NHKの平成27年度前期連続テレビ小説『まれ』(NHK総合ほか 毎週(月)~(土)前8:00)が、8月20日クランクアップし、取材会が行われた。

 ヒロインの希を演じる土屋太鳳をはじめ、紺谷圭太役の山﨑賢人、その同級生役の清水富美加、門脇麦、高畑裕太、葉山奨之、渡辺大知ら共演者たちが登場。

 昨年の10月にクランクインし、約一年間という撮影を終えた土屋は「頑張って泣かないように、泣かないようにしていましたが、やはり泣いてしまいました。あらためてこの素晴らしいメンバーに本当に感謝しています。そしてこの現場を支えてくれた監督、プロデューサーをはじめ…、素晴らしい方々が支えてくれて本当に感謝の気持ちでいっぱいです」と涙を流し語り、会場は大きな拍手に包まれた。

 記者から、長い撮影を乗り越えられたパワーの源は?という質問が飛ぶと、「朝ドラのヒロインに選んでいただいたから乗り越えられた」と語った土屋。さらに「ヒロインできますか?って言っていただいて、はい!って言った以上、絶対に完走しようと思い頑張ってきました。でもそれは、本当にたくさんの人が優しさをくれて、愛情をくれたからできたことだと思います」と熱く語った。

 朝ドラのヒロインとして一年間走り切った土屋に、共演者からも労いの言葉が飛び交う。山﨑は「僕が夫として支えなきゃいけないのに、逆に支えてもらった。感謝してます。ありがとうございました」と感謝し、希の弟・一徹役の葉山は「僕の姉ちゃんである太鳳ちゃんとは、これからもずっと兄弟でいようと思います」と涙を流す場面も。希の義妹に当たる、みのり役の門脇は「近くで見ていて、ヒロイン本当に大変なんだなと思って。いつも応援してました。おつかれさまでした」とコメント。

 そんな中、「一年ぐらい前の記者会見のときに、すごい緊張してて、“太鳳ちゃんの後光を浴びながら頑張りたい”って言ったんですけど、ちょっとふざけたつもりだったんですが、本当にそのとおりで…」と語りだした清水。続けて「太鳳ちゃんは私が遅れて現場に入たときも、笑顔でおはようって言ってくれて…。大変なスケジュールとせりふをこなして、私と同い年なのに本当にすごい人だなって感じました。テレビでは太鳳ちゃんのことを“いつ死んでも天国に行く人”とか言ったりしてましたが、本当に現世でも“菩薩みたい”な感じなので本当に尊敬しています」と特別!?な思いを語っていた。

 現在放送中の『まれ』では、希が能登でケーキ店を開業させ、再びパティシエとして復活した物語が描かれている。8月15日の放送で失踪してしまった大泉洋演じる、希の父・徹の行方も気になるところだが、制作統括の高橋から「今後、徹が大活躍するとたぶん思います」と見どころを語った。

連続テレビ小説『まれ』は、毎週(月)~(土)、前8:00からNHK総合ほかで放送中。

連続テレビ小説『まれ』
毎週(月)~(土)
NHK総合 前8・00~8・15
BSプレミアム 前7・30~7・45
公式ホームページ www.nhk.or.jp/mare/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える