• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「村本さんは不気味でした」竹野内豊、ウーマン村本をストーカー扱い!?

(C)映画『at Home』製作委員会

 公開中の映画「at Homeアットホーム」のトークイベントに、千原せいじ、村本大輔(ウーマンラッシュアワー)が登場。サプライズゲストとして主演の竹野内豊も登場し、撮影裏話を中心に笑いの絶えないトークが展開された。

 本作は、本多孝好の傑作小説を映画化した感動作。「他人同士で家族になること」を選び、犯罪で生計を立てる家族たちの奮闘を描く。

 撮影エピソードを聞かれたせいじは「1年前の撮影で記憶がうろ覚え」と言いながらも、村本が松雪泰子をナンパしたエピソードの裏話を暴露。「“お兄ちゃんどうしましょう?村本さんに言っておいてください”と言われた。先輩に恥をかかせるな!」と村本に説教。初耳の村本は驚愕の表情を見せながらも「何もしないから、ご飯に行きましょうと誘っただけです。ナンパじゃなく、コミュニケーションですよ!」と激しく弁解するも、「誘い方が下心見え見えで恐怖を感じてたんや」とさらにクレームを出した。

 撮影裏話を中心に会場から爆笑が起きる中、この日のサプライズゲストとして主演の竹野内豊が登場し、会場では大きな歓声と拍手に包まれた。サプライズを知らされていなかったせいじと村本も驚きを隠せず、「我々の前座感がハンパない!」と叫んだ。

 せいじは松雪演じる皐月にDVを働く夫、村本は不動産王の息子役で家族を追い詰める猟奇的な役を熱演。竹野内は「2人のことを知らない海外の人たちが見たときに、お2人の演技はすごく怖いとリアリズムを感じるんじゃないでしょうか。それくらいハマリ役です」と2人の演技を絶賛。さらに本作が俳優デビューとなった村本について「村本さんは不気味でした。何を考えているか分からなくて、初めての演技とは思えなかった。ストーカーをやられてたから…」とつぶやき、これには村本も「僕はストーカーをやってるんじゃなく、やられてたんですよ」と大慌てで訂正。「映画のほうがかわいく見えるくらい、ストーカーは怖かったです」と嘆き、笑いを誘っていた。

 最後に竹野内は、「本当にいい作品なので僕のつたない言葉を聞くよりも、ぜひ作品を見てほしい。いろいろ裏話を話しましたが、先入観を持たず、フラットな気持ちで見てください」と本作をアピールした。

映画「at Homeアットホーム」は公開中。

監督:蝶野博(「未来予想図~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~」)
原作:本多孝好「at Home」(角川文庫)
脚本:安倍照雄(「手紙」「不思議な岬の物語」)
出演:竹野内豊 松雪泰子/坂口健太郎 黒島結菜 池田優斗 村本大輔 千原せいじ 板尾創路/國村隼ほか

公式HP http://athome-movie.com/

(C)映画『at Home』製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える