• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

三代目JSB小林&岩田&登坂がPockyの新イメージキャラクターに就任“シェアハピダンス”で打倒ランニングマン!

 江崎グリコ「Pocky(ポッキー)」新プロジェクト発表会が8月25日(火)に行われ、新イメージキャラクターに就任した三代目J Soul Brothersの小林直己、岩田剛典、登坂広臣が登場した。

 ポッキーが今年10月に発売50年目を迎えることを記念し、新プロジェクトキャンペーンが始動。「Pocky」のブランドスローガンである「Share happiness!」=“シェアハピ”を全国に広げていくため、小林、岩田、登坂が「THE Sharehappi」を結成し、新TVCMやダンスコンテストなどのコミュニケーション展開を開始する。

 新イメージキャラクターに起用されたことに対し、岩田は「子供のころから日常に当たり前にあったPockyのCMキャラクターを務めさせていただくのは夢のよう。今回の新CMでさらにPockyを盛り上げていきたい」と意気込みを語った。

 広告ビジュアルや新TVCMでは決めポーズとして披露しているのが“シェアハピポーズ”。小林は「みんなでPockyを分かち合うイメージを表現したので、ぜひまねしていただければ」と。岩田は「撮影前に、手の形や向きは3人で結構練習しました。ちょっとした角度で見え方が変わったりしてしますので。あと監督から“シュールな顔をしてください。ドヤ顔をしてください”っていうムチャぶりがあって、それもちょっと大変でした(笑)」と撮影の裏話を明かした。

 新TVCMにはオリジナル楽曲が使用され、登坂は「自分たちの良さもありつつ、キャッチーで皆さんに親しんでいただける、1回聴くとすごく耳に残るような、ちょっと癖になる楽曲というのを重点に置いて、数ある曲の中から3人で話し合って選びました。CMにぴったりの楽曲が生まれたなと思います」と仕上がりに満足の様子。

 さらに、三代目J Soul Brothersの特色でもあるダンスも取り入れられ、小林がその振り付けを担当。「三代目らしい振り付けで皆さんに覚えていただけるようなものというのを意識してやりました」と振り付けのテーマを語ると、岩田も「バッチリはまったので、すごい好感触でした。最初に教えてもらったときに“これでいきましょう!”ってなりましたね」と大絶賛。小林は「イメージは東京ドームで5万人の方と一緒にできる振り付け。手だけの振り付けなので、席にいながらも絶対できる。打倒ランニングマンです!」と宣言した。

「Pocky」新TVCMは「シェアハピデビュー」篇が9月1日(火)より、「シェアハピダンス」篇が9月7日(月)より全国OAスタート。

Pocky(ポッキー)公式サイト http://www.pocky.jp/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える