• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『ほんとにあった怖い話』の世界を360°映像で体験!

 フジテレビ系で8月29日(土)後9・00から放送される『土曜プレミアム「ほんとにあった怖い話・夏の特別編2015」』のYouTube360°動画機能を使ったPR映像「YouTubeお化け屋敷」が公開された。

 YouTubeの360°動画とは、Chromeブラウザー(PCの場合)か、YouTubeアプリ(スマホ・タブレット端末の場合)を通して映像を見ると、端末の動きに合わせて映像が上下左右、360°回転し、映像の世界をよりリアルに体感できる機能。

 今回の動画には29日放送『ほんとにあった怖い話』内のエピソード「閑却の社(かんきゃくのやしろ)」で主演を務める中条あやみが出演。また、本編でも監督・脚本務めた鶴田法男自身が動画の脚本を執筆し、メガホンを取った。

 360°での撮影を終えた中条は「360°全方位に向いて撮影しているので、隙や四角がなくて、常に気を張っていないといけないし、初めての体験だったので、お芝居はすごく難しかったのですが、ほかでは体験できない、いい体験になりました」とコメント。

 また中条は「YouTube動画に関しては、360°見えるので、新しいアトラクションのような感覚で、今までにない体験ができると思います。実際撮影をしている私と同じように、臨場感のある体験をしていただいて、楽しんでもらえればうれしいです」と視聴者にメッセージを送った。

 また、中条あやみのほか、斎藤工、高梨臨、玉森裕太、又吉直樹、観月ありさらが出演する『土曜プレミアム「ほんとにあった怖い話・夏の特別編2015」』はフジテレビ系で8月29日(土)後9・00から放送。

■『ほんとにあった怖い話』YouTube360°動画「YouTubeお化け屋敷」

※360°の映像をご覧になる際は、PCをご利用の場合Chromeブラウザーか、スマホやタブレット端末の場合は、YouTubeアプリをご使用ください。

■『ほんとにあった怖い話』公式サイト http://www.fujitv.co.jp/honkowa/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える