• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「第1回AKB48グループ大運動会」フレッシュパワーでチーム8が優勝!

(C)AKS

「第1回AKB48グループ大運動会」が8月25日(火)に東京ドームで開催され、AKB48のチーム8が「第2回AKB48大運動会」に続き優勝を飾った。

 これまでAKB48単独で行われてきた大運動会に、ついに姉妹グループが参戦して行われた本イベント。13チームが意地とプライドを懸け、7つの競技で対決。

 各チームの健脚自慢が名乗りを上げた「50メートル走」では、予選から激走が繰り広げられ、7秒台前半の好タイムが連発する一方、勢い余って転倒するメンバーも続出。決勝では、予選タイム1位の優勝候補・野澤玲奈(チーム4)を近藤萌恵里(チーム8)が僅差で破り、AKB48グループ最速女王の座を獲得。

「大障害物競走」では、SKE48が大活躍。第1レースでチームSが圧巻の強さでゴールしたのをはじめ、全レースで3位以内に入るダントツの強さを見せ、松井珠理奈(チームS)も「日ごろのチームワークの良さが出た」と、団体競技に強いSKE48をアピール。

 また、「グループ対抗大縄飛び」ではありえない光景が続出。前回のAKB48運動会でも話題となった、西野未姫(チーム4)ホラー過ぎる飛び方が今回も再現され、飛びたびに奇妙に変化する西野の表情とポーズに会場からは笑いと戦慄の声が沸きあがった。いっぽう、もう1人の天才・宮脇咲良(チームKIV)は、跳びながらいつの間にか縄に引っかかることなく外に出て行くというミラクルを起こし、「え?びっくりしました」と目を丸くする宮脇に、指原莉乃(チームH)から「こっちがびっくりしているよ!」と厳しいツッコミが入った。

 優勝を懸けた最後の「チーム対抗リレー」では、SKE48の3チームすべてが予選を突破する強さを見せ、決勝でもその勢いをそのままにチームSが優勝。アンカーとしてゴールテープを切った松井珠理奈をキャプテンの宮澤佐江が涙ながらに受け止めた。

 優勝の栄冠を勝ち取ったチーム8は、最多となるメンバーがそれぞれが個性と実力を発揮し、大会は違うものの運動会連覇を成し遂げ、2位から4位まではSKE48の3チームが独占。いっぽう、最下位になってしまったチームBは、罰として会場の撤収作業を手伝うことになり、柏木由紀や渡辺麻友はがっくり…。メンバー数の少ないチームBに助っ人として参加したNGT48の北原里英も目立った活躍の場もないまま、撤収作業を手伝うことになった。

 また、競技の合間にはNGT48がサプライズ登場し「会いたかった」と「NGT48」を披露。加藤美南は「初めて東京ドームに来ましたが、360度見わたす限りお客さんがいて感激しました。(もしあるなら)次の運動会には、NGT48もぜひ参加させていただきたいです!私は陸上部だったので、走りには自信があります。新潟に戻ったら、すぐにトレーニングを始めて、次の運動会に向けて鍛え上げます!」と4万人を越えるファンに宣言した。

(C)AKS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える