• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

向井理“理系男子”な大学時代を懐古「勝手にグッときてました」

「恵 ガセリ菌SP株ヨーグルト 新CM発表会」に、同商品のCMキャラクターを務める向井理が登場。役作りでの過酷な体重増減を明かすほか、自身の大学時代を振り返った。

 新CM同様、真っ白なスーツで登場した向井。集まった多くの報道陣を見渡し、「昨日の映画の舞台あいさつよりも多い…」と驚きの表情を浮かべた。

 食べ続けることにより内臓脂肪が減るといった同商品については、「毎日食べている」と向井。「毎朝起きて一番最初に口にするものがヨーグルト。オリーブオイルをかけたりもします」と、おしゃれなアレンジ法を語り、「ガクンと落ちるんじゃなくて、徐々に1キロ、2キロと体重が落ちていく。特に何もせずヨーグルト食べていただけなのに不思議でした」と続けた。

 また、役作りでの体重の増減については、「(最高で)キープ体重からプラスマイナス6キロ、計12キロくらい。1か月だけで8キロくらい痩せたことも。塩と水だけの生活もありました」と、役者としてのストイックな一面をのぞかせた。

 さらに、明治大学農学部出身の“理系男子”としても知られる向井は、同商品のプレゼン資料にもしっかり目を通していたよう。「PubMed(パブメド=アメリカ国立医学図書館が運営する医学・生物学のデータベース)は、僕も大学時代に使っていたので親近感が沸きました。実証するってすごく難しいことだと思うんです。陰ながらいろんな人の時間や努力やお金費やさないとできないことですし…。何か勝手にグッときてましたね(笑)」と熱弁を振るっていた。

 最後に同商品について向井は、「いい意味でシンプルで食べやすくおいしい。飽きがこない味なので日常の習慣になっているし、(皆さんにとっても)なりやすい商品。1人でも多くの方に内臓脂肪のない体を維持していただければ、僕としてもPRした甲斐があります」と丁寧にPRした。新CMは8月29日(土)からオンエア開始。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える