• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『glee』のアーティが合唱団教師に!映画「ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声」指導映像解禁

(C) Myles Aronowitz 2014

 映画「ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声」(9月11日(金)公開)の本編新映像に、海外ドラマ『glee/グリー』でおのケヴィン・マクヘイルが登場した。

 本作は、厳しい生活環境下で生き抜いてきた少年が、突然の事故をきっかけに米国一のエリート少年合唱団を有する私立高に入学し、ベテラン合唱団団長と出会い才能を開花させ、人生を切り開いていく感動のドラマ。

 今回解禁となった映像には、海外ドラマ『glee』でおなじみのケヴィン・マクヘイルが登場。『glee』では、車椅子と眼鏡がトレードマークの愛嬌のある青年アーティ・エイブラムス役で、全シリーズ通して出演し、欠かせない主要メンバーとしてファンに支持されていた。『glee』で合唱部の生徒役を演じたケヴィンが今回挑戦したのは、エリート少年合唱団を指導する教師。母親が急逝し、行き場がなくなり合唱団を有する私立校に入学することとなった孤独な少年ステットのために闘ってくれる若い教師ウーリーを熱演している。

 ウーリーは映像の中で、ステットをはじめ、生徒たちに発音を指導。生徒たちはニック・ペイジの「ニシュカ・バニャ」を課題曲に腹式呼吸の練習を行っている。腹ではなく喉から声を出すステットを、厳しくも温かく指導するウーリーは、まるで『glee』で学んだことを次代に受け継ぐかのように熱心な面持ちだ。『glee』で恋に将来に悩んでいたアーティが、頼れる指導者に成長した姿を本作で垣間見ることができる。

「ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声」は、9月11日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開。

【STORY】
 複雑な家庭環境中で育った少年が、母の死をきっかけに全米一の国立少年合唱団の付属校へ転校、合唱団の指導者から「歌」を通し、自分の才能を信じる大切さを学んでいく感動のドラマ。心を解き放ち大空に舞い上がるような高音域のボーイ・ソプラノ。だが、ボーイ・ソプラノで歌えるのは、少年が声変わりしてしまうまでのほんの少しの間だけ。子供時代の束の間の美しさと、時間の奥深い力を思い知らされるかのように。これは、不屈の魂から生まれた、奇跡の物語。また本作は、若い頃音楽を学んだ経験のあるダスティン・ホフマンの自伝的映画ともいえる。

【STAFF&CAST】
監督:フランソワ・ジラール 脚本:ベン・リプリー
出演:ダスティン・ホフマン、ギャレット・ウエアリング、キャシー・ベイツ、デブラ・ウィンガー、ジョシュ・ルーカス、エディ・イザード、ケビン・マクヘイルほか

「ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声」HP http://boysoprano.asmik-ace.co.jp/

(C) Myles Aronowitz 2014

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真