• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

松井玲奈卒業コンサート、松井珠理奈「今日が終わってほしくない」

(C)AKS

 8月29日(土)に豊田スタジアムにて「松井玲奈・SKE48卒業コンサートin豊田スタジアム~2588DAYS~」が開催された。

“松井玲奈の卒業と送り出し”と“これからのSKE48の船出”を意味した「船」をモチーフにしたメインステージに松井玲奈が登場。「今日は待ちに待った豊田スタジアムでのコンサート、最後までお祭騒ぎしますよー!」の掛け声でスタートした29日は、正規メンバー51人による「パレオはエメラルド」で幕開け。

「花火は終わらない」での「最近炎上してないから…」と、花火をつけようとした松村香織にほかのメンバーがバケツで水をかける演出には会場からは大きな笑いが起こった。11曲目の「毒リンゴを食べさせて」では、玲奈と研究生15人がステージに登場し、SKE48加入後の初公演(チームS 1st「PARTYがはじまるよ」公演)と同じポジションとなる1番端で玲奈が歌唱し、当時の姿を彷彿させた。

 また、コンサート中盤ではSKE48としては初の試みとなる、好きな推しメンを携帯電話で撮影できる“撮影OKタイム”を実施。研究生を含む全71人がアリーナ、スタンドと観客の近くで「ごめんね、SUMMER」など計5曲をパフォーマンス。終盤では「12月のカンガルー」「コケティッシュ渋滞中」「賛成カワイイ!」などを披露し終わると、松井珠理奈が「今回のコンサートで玲奈ちゃんと(一緒に歌う)最後の曲もあって、いろんな思いをかみしめながら1曲1曲、大切に歌わせていただきました。今日が終わってほしくないと思いました」と語る場面も。

 アンコールの「神々の領域」では、玲奈、珠理奈、大矢真那が登場。玲奈が「今日のコンサートを見て(皆さんに)これからもSKE48を応援していきたいなと思っていただけたら私は本当にうれしく思います。『僕は知っている』では、歌詞の内容と(ステージで頑張っている)メンバーの姿が重なって一瞬ウルっとしました」と胸の内を明かし、最後に最新シングル「前のめり」を披露し、1日目の幕を閉じた。

(C)AKS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える