• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

松井玲奈「あっという間の7年間は私の人生においてかけがえないないもの」卒業公演でファンに感謝

(C)AKS

 8月30日(土)に豊田スタジアムにて「松井玲奈・SKE48卒業コンサートin豊田スタジアム~2588DAYS~」が開催された。

 前日に引き続き、“松井玲奈卒業の送り出し”と“これからのSKE48の船出”を意味した船のステージにメンバーが続々と登場。松井玲奈の「SKE48号、出向!」の掛け声でスタートした30日は、「強き者よ」「賛成カワイイ!」「バンザイVenus」「12月のカンガルー」とSKE48のヒットシングルを正規メンバー51人で披露。SKE48単独コンサートでは、最大観客数となった4万5000人のファンを序盤から盛り上げた。

 宮澤佐江に「玲奈、今の心境は?」と聞かれると、玲奈は「楽しすぎて、まだ卒業コンサートという気持ちになれてないのですが、(会場前は雨が降っていましたが)空も晴れてきましたし、幸せですね」とオープニングの心境を語った。

 研究生、チームKⅡ、チームE、チームSと各チームの曲が続くと、1991年生まれの玲奈、高柳明音、須田亜香里が「ウィンブルドンに連れて行って」を披露。意表をついたメンバーユニットに会場からは一段と大きな歓声が上がった。また、玲奈が交換留学生として兼任していた乃木坂46がコンサート会場(神宮球場)からの生中継というサプライズを実施し、乃木坂46メンバーと神宮球場のファンから「卒業おめでとう」の声がかけられ、乃木坂46の衣装がプレゼントされると、玲奈は「ありがとう。みんな大好きだよ」と笑顔を見せた。

 また、玲奈出演のメドレーパートでは「青春の水しぶき」を高柳とデュエット。乃木坂46の「僕の太陽」、AKB48の「君のことが好きだから」など5曲を披露し、最後は玲奈、松井珠理奈、大矢麻那の1期生3人で「雨のピアニスト」をパフォーマンス。玲奈は曲ごとに6パターンの早着替えにも挑戦した。

「手紙のこと」では、珠理奈から玲奈に手紙が贈られ、「本当は言いたくないけど、卒業おめでとう。私にとっては玲奈ちゃんが太陽みたいな存在でした。玲奈ちゃんのことが大好きです。玲奈ちゃんには安心して卒業してほしいので、もっと強くなります。玲奈ちゃん、これからもSKE48を見守っていてください」と、珠理奈が涙で顔を歪ませながら手紙を読むと、今度は玲奈が「実は私も書いてきました」と手紙を取り出し、「メンバーのみんなへ。これからのSKE48を作っていくのはみんなです。一生懸命、がむしゃらになった後に見える景色は本当にすてきです。みんなと一緒にこの景色(サイリウムでオレンジ色に染まった会場)を見ることができて、私はとってもうれしいです。私の大好きなSKE48をこれからもよろしくお願いします」と読み上げ、「仲間の歌」で本編の幕を閉じた。

 アンコールでは玲奈センターのシングル「前のめり」が始まると、モニターには玲奈の軌跡映像が映し出され、船首に玲奈が立つと「皆さん、今日はこの豊田スタジアムのコンサートに来てくださって、本当にありがとうございます。この7年間はあっという間でした。私にとっては1つひとつが大切な思い出です。豊田スタジアムに立てたのは、皆さんのおかげです。皆さんがたくさん応援して、いろんなメンバーを見つけてくれたから。『仲間の歌』でナゴヤドームでは、メンバー全員で見ることができなかったオレンジの光は、本当に今まで見たことがないくらいすてきな景色で、みんなもとてもうれしそうにしていて、私もうれしかったです。これから私たちは別の道に進みますが、ここで経験したことはこれからの活動だったり、私の人生においてかけがえないないものだと思います。それを作ってくださった、支えてくださった皆さん、本当にありがとうございます」と、目を潤ませながら胸の内を語った。

 最後に玲奈のSKE48加入から卒業までの日数が曲名とされた「2588日」を歌うと、「SKE48は私にとっての青春です。皆さん、また会いましょう」とあいさつし、玲奈はステージを後にした。そして、珠理奈が「玲奈ちゃんの笑顔が最後まできれいだったからクヨクヨしちゃダメだなと思いました。やっぱり最後まで玲奈ちゃんに背中を押してもらいましたね」と語り、メンバー全70人で「アイシテラブル!」「手をつなぎながら」を笑顔でパフォーマンスし、2日目の幕を閉じた。

(C)AKS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える