• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

榎本憲男の長編第2弾、映画「森のカフェ」12月公開決定

(C)Norio Enomoto

 榎本憲男の監督デビュー作、映画「見えないほどの遠くの空を」(2011年)に続く、待望の第2弾、映画「森のカフェ」が12月に公開されることが決定した。

 本作は、鳥がさえずり、紅葉が美しい森の中で織り成す、ユーモアと哲学的ウィットを盛り込んで描かれる不思議なロマンス。ちょっと気難しい若手哲学研究者が、森で出会った少女と深い森の中で繰り広げていく2人の奇妙な駆け引きが、哲学というテーマと絶妙なマッチングを見せる斬新な作品。

 主演は「聯合艦隊司令長官 山本五十六」(2011)「霧の中の分娩室」(2014)など数多くの映画やドラマなどで活躍する菅勇毅。本作で哲学研究者を演じる。そして、森の中で出会う不思議な少女を演じるのは、東宝ミュージカル「レ・ミゼラブル」(コゼット役)で注目度急上昇中の若井久美子。主人公の同僚に橋本一郎、大学の哲学教授に志賀廉太郎といった顔触れが脇を固める。

 榎本の映画監督2作品目となる本作。榎本は、「低予算でもエンターテイメント、そして鑑賞後には新たな世界観が深まる、そんな“面白くて、深い”“一粒で二度おいしい”映画を目指しています。ぜひご覧いただき、もし気に入っていただけたなら、応援よろしくお願いいたします」とコメントしている。

映画「森のカフェ」は12月、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開。

<ストーリー>
 論文が書けない哲学者が近所の森で出会ったのは…?若手の哲学研究者は論文を書きあぐねている。そこで、気晴らしに近所の森に出かけてノートを広げてみた。すると、突如、見知らぬ女が現れ「森のカフェ」にようこそなどと言って、無理矢理コーヒーを飲まされ…。

<スタッフ&キャスト>
監督・脚本:榎本憲男
出演:管勇毅、若井久美子、橋本一郎、伊波麻央ほか

配給:ドゥールー/2015年/日本/76分

(C)Norio Enomoto

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える