• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

2000年に1人の美少女・滝口ひかり、少女漫画の執筆経験明かす!

(C) Myles Aronowitz 2014

 少年合唱団をテーマにした感動作「ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声」の「この日限定‼合唱&夢と愛に溢れるトークイベント」が行われ、お笑い芸人のロバート(山本博、秋山竜次、馬場裕之)と、2000年に1人といわれる美少女アイドル・滝口ひかりが登場した。

本作に登場する合唱団のように、白いシャツに蝶ネクタイをつけ、黒のハーフパンツとスカート、ベレー帽というルックで登場した4人。本作を「とても気に入っている」と語った滝口は、「愛に飢えていた少年が、合唱団に入団し成長していくという物語に感動しました。貧乏ですが愛にあふれた家庭で育ったので、私の人生にダブります」と、自身の人生を重ね合わせた。ロバートの3人も、「少年しか出せないハーモニー、あの音を楽器なしで奏でられるなんて!」と本作に心を打たれたそう。秋山は、「ロバートのコントに歌モノが多いことからも共感を得られた。自分もあのくらい若いころに戻りたい」と語ると、いきなり「イィ~ッ!」と産声のような奇声を上げ、山本に「若くなり過ぎだよ!」とツッコまれ…。

少年が主人公の本作にちなみ、少年時代の夢について「漫画家を目指していて、少女漫画を描き上げたこともありました」と明かした滝口。MCから「恋愛の経験を生かして描いたの?」と質問が飛んだが、「妄想ですべてを描き上げました!」と説明。秋山は、「それじゃあ、今日は妄想で僕を裸にしてください」とアイドルへのコメントらしからぬ卑猥な言葉を放ち、会場を沸かせた。

 イベントの後半ではボーイ・ソプラノの松井月杜が登場し、まずはソロで美声を披露。その後、松井の指導の下、ヘンデルの「メサイア」を一同で歌うことに。秋山は梅宮辰夫のフリップを出して歌おうとしていたようだが、有名なフレーズ「ハレルヤ」を「ウメ…」と口走って、自らネタばらしをしてしまい大失敗。しかし、その後、秋山の大げさな手の振りつけのアドリブもあって大盛り上がりとなった。

 イベント後の囲み取材では、ロバートの山本に「結婚の予定は?」と記者から質問が。「これから同棲する予定で、相手は普通の事務の仕事をされている28歳の方です」と答え、プライベートに関してのネタでも盛り上がりを見せた。

 本作は、厳しい生活環境下で生き抜いてきた少年が、突然の事故をきっかけに米国一のエリート少年合唱団を有する私立高に入学し、ベテラン合唱団団長と出会い才能を開花させ、人生を切り開いていく感動作。

「ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声」は、9月11日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開。

【STORY】
 複雑な家庭環境中で育った少年が、母の死をきっかけに全米一の国立少年合唱団の付属校へ転校、合唱団の指導者から「歌」を通し、自分の才能を信じる大切さを学んでいく感動のドラマ。心を解き放ち大空に舞い上がるような高音域のボーイ・ソプラノ。だが、ボーイ・ソプラノで歌えるのは、少年が声変わりしてしまうまでのほんの少しの間だけ。子供時代の束の間の美しさと、時間の奥深い力を思い知らされるかのように。これは、不屈の魂から生まれた、奇跡の物語。また本作は、若い頃音楽を学んだ経験のあるダスティン・ホフマンの自伝的映画ともいえる。

【STAFF&CAST】
監督:フランソワ・ジラール 脚本:ベン・リプリー
出演:ダスティン・ホフマン、ギャレット・ウエアリング、キャシー・ベイツ、デブラ・ウィンガー、ジョシュ・ルーカス、エディ・イザード、ケビン・マクヘイルほか

「ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声」HP http://boysoprano.asmik-ace.co.jp/

(C) Myles Aronowitz 2014

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える