• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

映画「百円の恋」が米アカデミー賞外国語映画部門・日本出品作品に決定!

(C)2014 東映ビデオ

 国内で数々の賞を受賞した安藤サクラ主演作「百円の恋」が、第88回米国アカデミー賞外国語映画賞部門の日本出品作品に決定。主演の安藤サクラ、監督の武正晴からコメントが到着した。

 本作は、故・松田優作の出身地である山口県の周南映画祭において2012年に新設された脚本賞、第一回「松田優作賞」のグランプリ作品『百円の恋』の実写化作品。自堕落な生活を送る一子が、ボクサーとの出会いによって恋愛とボクシングに目覚める人間ドラマ。不器用にしか生きられない主人公・一子役には、700通以上の応募があったオーディションを勝ち抜いた、日本を代表する若手実力派・安藤サクラ。どん底の姿からハードなボクシングシーンまで、一子というキャラクターと心中せんばかりの迫真の熱演は、観るものを圧巻し心を熱くさせた。恋の相手ともなる中年プロボクサー・狩野祐二役には、話題作出演の続く新井浩文。公開されるや否や、評判は日に日に高まり、数多くの映画賞を受賞した。

 アカデミー賞外国語映画部門への出品決定を受け、「あっぱれ、百円の恋。この、ものすごい勢い、アカデミー賞ノミネートも期待しています。みんなで百円握りしめて、行きましょう!」(安藤)、「評価して、選んでいただいたすべての皆さまに感謝御礼申し上げます。苦労してくれた、スタッフ、キャストと共に喜びを分かち合いたいです。『百円の恋』が1人でも多くの方に届いてくれたらと願っております」(武正晴監督)と、それぞれ喜びのコメントを寄せた。

「百円の恋」DVD&Blu-rayは好評発売中。

「百円の恋」公式HP:http://100yen-koi.jp/

(C)2014 東映ビデオ

「0.5ミリ」「百円の恋」主演 安藤サクラインタビュー:
http://www.tvlife.jp/2015/06/27/39594

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える