• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

“次世代の新スター”藤田菜々子が『恋仲』出演で月9女優デビュー!

 9月7日に放送される『恋仲』(フジテレビ系 毎週(月)後9・00)の第8話に「お台場夢大陸 presents ドリームメガガールズオーディション」グランプリを獲得した藤田菜々子の出演が決定した。

「お台場夢大陸 presents ドリームメガガールズオーディション」とは、フジテレビが“次世代をリードするスター”の発掘を目指して開催した全国オーディション。応募者3000人の中から書類審査、2次審査、そして夏のイベント「お台場夢大陸」来場者による一般投票を経て、8月20日に行われた最終審査でグランプリを決定。最終審査には、オーディション公式応援キャラクターを務めた大原櫻子、『恋仲』プロデューサーの藤野良太も審査員として参加した。グランプリの特典として、大原も所属するフジパシフィックミュージックとの専属契約のほか、『恋仲』出演という即女優デビューも約束されていた。

 グランプリを勝ち取った藤田は福岡県出身、山口県在住の学生で、身長169センチのスレンダーなプロポーションに、はじけるような笑顔が魅力の20歳。最終回直前の『恋仲』第8話で藤田は、葵(福士蒼汰)が挑戦する新人建築設計コンクールのスタッフ・桃香役を演じる。

 藤田は「収録現場もそうですが、私は演技自体が初めての経験になります。本当に右も左も分からない状態ですので、現場に入った瞬間からすごく緊張しました。役の衣装に着替えて、メイクさんにお化粧をしていただくと“なんか女優さんになったみたいだなぁ”って(笑)。でもこれが現実で、本当に女優さんをやらせていただけたんだと思うと、自分自身ビックリしています。収録が終わった後に、やっと現実味が出てきた感じです。でも、ここからが本当の私のスタートなんですよね。身が引き締まる感じです」と初めてのドラマ収録を振り返った。

 また『恋仲』出演について藤田は「『恋仲』は1話から欠かさずに見ていますが、やっぱり恋愛ドラマの“王道”と感じられる作品ですてきです。幼なじみをめぐる恋の三角関係って、本当にキュンキュンしてしまいます。友達も見ていて、私が出ると知ったら“えぇつ! 菜々が出ちゃうの! 録画するね!”って言ってくれたんです。うれしいですけど、一緒に感想を言い合っていた友達が見てくれると思うと、少し恥ずかしい気持ちもあります。とは言え、私も初めての出演ドラマになるので、しっかりとリアルタイムで見て、録画もしようと思ってます(笑)。出演シーンは少しなんですけど、皆さんもぜひ私を見つけてください! また、これからも頑張っていきますので、よろしくお願いします!」と。

 厳しいオーディションを勝ち上がってきた藤田の演技に注目が集まる『恋仲』第8話は、フジテレビ系で9月7日(月)後9・00から放送。

『恋仲』公式サイト http://www.fujitv.co.jp/koinaka/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える