• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「この病院には何かある…」医療現場で起きる難事件に黒木メイサ演じる妊娠8か月の刑事が挑む

 9月22日(火・祝)にスタートするドラマ10「デザイナーベイビー」の第1話の試写会と取材会が行われ、黒木メイサ、渡部篤郎が登壇した。

 同作は、岡井崇の「デザイナーベイビー」が原作で、産休間近の妊娠8カ月の警視庁捜査一課特殊班刑事・速水悠里(黒木)が大学病院で起こった新生児の誘拐事件の真相を追う禁断のクライムエンターテインメント。

 妊娠8か月の刑事を演じる黒木は「おなかが大きい状態で演じているので、本当に妊娠したような錯覚に陥るときもあります。走るシーンなどもあるので、妊娠8か月の走り方を表現するときなど大変な部分もあったりはするんですが、ひと言で妊婦さんといっても、体調に何の問題もなく健康に過ごされる方や妊娠してから体調を崩される方などいろいろな妊婦さんがいると思うので、そのあたりも監督と相談しながら撮影をさせていただいています」と語った。

 実生活でも1児の母である黒木。「2人目の予定は?」と聞かれると「私は、風邪を引いても自然と治したい人なのでなるべく自然に沿っていきたいですね。もちろん、2、3子はタイミングとチャンスがあれば授かりたいと思っています」と答えた。

 新生児の誘拐事件が起きた病院の産婦人科の教授・須佐見を演じる渡部は、「(撮影に入って)めまぐるしい1か月(笑)。もう47歳になったんですけど、若いころとやってることはあまり変わらないので、少しも楽できることもなく、自分でも偉いなと思いながら、毎日現場に行ってます」と言って笑わせた。

 また、タイトルにもなっているデザイナーベイビーについて聞かれると、黒木は「衝撃でしたね。最新の生殖医療の技術があるから助けられる方もいらっしゃるのですが、“こういう目の色をした、こういう子供が欲しい”ということがもうすぐ可能になってしまうという記事を読んで一瞬ボーっとしてしまいました。何が正しくて何がいけないということは簡単には言えないですし。でも、そういうことがあるという事実もこの作品を通して知っていただければと思いますね」と思いを語った。

ドラマ10「デザイナーベイビー」(NHK総合)
番組ページ http://www.nhk.or.jp/drama10/baby/

■放送情報
9月22日(火)スタート 全8話
毎週火曜日 後10・00~

■再放送情報
翌週火曜日(月曜深夜)前0・10~

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える