• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

育種家・稲塚権次郎の生涯を描いた「NORIN TEN~稲塚権次郎物語」の予告映像&ポスタービジュアル公開

(C)「NORIN TEN~稲塚権次郎物語」製作委員会

 映画「NORIN TEN~稲塚権次郎物語」(9月19日(土)公開)の予告映像とポスタービジュアル公開された。

 本作は、生涯を育種家として邁進し、現在の「こしひかり」の基となる種や小麦の代表品種「農林10号」(昭和10年)を生み出した稲塚権次郎の生涯を描いた作品。稲塚は、大正7年に農商務省に入り、秋田県・陸羽支場(大曲)に配属され「水稲農林1号」をはじめ、育種家としての道を邁進。現在国内で流通する「こしひかり」の品種の基や小麦「農林10号」は、今世界の小麦の70%以上が「NORIN TEN」の後継種。そして彼の品種が晩年「世界の飢餓を救った」事実も判明した。

 そんな稲塚の生涯を戦中~戦後の時代を背景にドキュメンタリータッチで描く本作のメガホンをとったのは、権次郎と姻戚関係にある稲塚秀孝。これまで「二重被爆」(2006)、「フクシマ2011~被曝に晒された人々の記録」(2012)、「書くことの重さ~作家 佐藤泰志」(2013)などドキュメンタリー作品を数多く手掛けてきた。また、主人公・稲塚権次郎の青年期を演じるのは、無名塾の次代を担う松崎謙二。そして晩年の権次郎を日本の名優・仲代達矢が演じ、圧倒的な存在感を放つ。仲代が主宰する無名塾(今年創立40年)から20名余の俳優が出演するほか、権次郎の母に藤田弓子、妻役に野村真美、権次郎の親友役に益岡徹といったベテラン俳優が脇を固める。

 映画「NORIN TEN~稲塚権次郎物語」は、9月19日(土)より有楽町スバル座ほか全国公開。

『NORIN TEN~稲塚権次郎物語』予告編

【STORY】
1987年、富山県城端町西明、三輪バイクで町を行く稲塚権次郎の姿があった。90歳近くなっても、バイクを乗りまわすことは近所迷惑となっていた。明治末期、貧しい農家の長男に生まれた権次郎は、向学心に溢れ、富山県立農学校(現在の南砺福野高校)を首席で卒業。恩師から学んだ「種の起源」(ダーウイン著)に出会う。貧しい農家を救うためには、美味しくて収量が高い米を作ることが大切、育種家の道を邁進し、東京帝国大学農学実科に進学するのだった。

出演:仲代達矢、松崎謙二、野村真美、藤田弓子、舞川あいく、益岡徹 ほか
監督・脚本:稲塚秀孝
配給:アークエンタテインメント
上映時間:110分

公式HP:http://www.norinten.com

(C)「NORIN TEN~稲塚権次郎物語」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える