• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

宮本亜門の最新作『SUPERLOSERZ SAVE THE EARTH 負け犬は世界を救う』出演キャスト発表

 12月に公演される宮本亜門の最新作となる、ダンスと音楽とテクノロジーが融合する全く新しいエンターテインメント「SUPERLOSERZ(スーパールーザーズ) SAVE THE EARTH 負け犬は世界を救う」に出演するキャストが決定した。

 発表されたのは、「w-inds.」のリーダー・千葉涼平、「Lead」の古屋敬多。さらに、「Wrecking Crew Orchestra」のメンバーからリーダーで本作の振付演出を務めるYOKOI、DOMINIQUE、SAWADA、「GLASS HOPPER」のTATSUO。そして、女性パフォーマーの仲宗根梨乃ら7名。

 主演を務める千葉は「まずは今回この舞台に自分も出演できることを本当に感謝致します。演出の宮本亜門さんを中心に偉大なダンス界の方々とLeadの敬多くんと共に新たなエンターテインメントの形を皆様に届けられたらと思っています!」とコメントし、本作で重要な役を担う古屋も、「この舞台に参加出来る事を心より感謝しています。尊敬するキャストの皆さんと、持てる力を全て使って表現していきたいと思っています」と意気込みを語っている。

 そして、今回唯一の女性パフォーマーとなった仲宗根も、「宮本亜門 Meets Wrecking Crew Orchestra Meets日本のアーティストたち!何が起こるかチムどんどん(胸ドキドキ)!!テクノロジーとダンサーの可能性をこのエンターテインメントで知ってほしいです!!」というコメントを発表。

 新しいエンターテインメントを彩るに相応しい、豪華かつ確かな実力を持つメンバーが集結した『SUPERLOSERZ(スーパールーザーズ) SAVE THE EARTH 負け犬は世界を救う』は、12月5日(土)東京公演が始まる。

『SUPERLOSERZ(スーパールーザーズ) SAVE THE EARTH 負け犬は世界を救う』

東京公演:12月5日(土)~12月15日(火) 新国立劇場 中劇場
お問合せ:サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(10時~18時)
大阪公演:2016年1月7日(木)~1月11日(月・祝) シアターBRAVA!
お問合せ:キョードーインフォメーション 0570-200-888(10時~18時)
主催・企画・制作:関西テレビ放送 株式会社パルコ     
公式HP: http://www.ktv.jp/event/superloserz

<プロフィール>
■千葉涼平(w-inds.)
2001年にw-inds.のリーダーとして、「Forever Memories」でメジャーデビュー。以降、日本のみならず、アジア各国でCDリリースやライブを行い様々なアワードを受賞するなど、海外にも活躍の場を広げてきた。ソロとしては、2010年にダンス&ライブイベント「UNITED ~VISION DANCE FESTA~」を発起、2013年からは自身が座長を務めるDance Showcase「The Shot」やPani Crew植木豪総合演出のダンス舞台「WASABEATS」で主演するなど、ダンスへの造詣は深い。ブレイクダンスをはじめ、さまざまなジャンルのダンスを踊りこなすマルチな才能を見せている。

■古屋敬多(Lead)
2002年、「九州・沖縄 スターライトオーディション」で審査員特別賞を受賞し、同年、ダンスボーカルユニットLeadの一員として、「真夏のMagic」でデビュー。日本レコード大賞新人賞や金賞を受賞し、音楽シーンでは当初から注目を集めてきたが、同時に個人としては、映画、ドラマ、舞台に出演し俳優活動も積極的に行ってきた。Leadの中ではダンスリーダーとしてダンステクニックには定評があり、楽曲の振付を行うこともある。作詞活動も行っており、マルチな才能を発揮。千葉涼平と同じくブレイクダンスを得意としている。

■仲宗根梨乃
1998 年に単身渡米し、LA でダンスを学ぶ。2004年に、ジャネット・ジャクソンのバックダンサーオーディションに合格。同時期に、ブリトニー・スピアーズのワールドツアーのオファーを受け、参加する。また、同年グウェン・ステファニー率いる「原宿ガールズ」に参加。振付師としては、SHINee や少女時代など多くの K-POPアーティストの振付を行い、国内では SMAPのライブ楽曲や AKB48の振付を担当した。さらには、コンサートの総合演出、また、NHK Eテレの「趣味 Do 楽」でダンス講師としてレギュラー出演するほか、バラエティー番組、CMにも出演するなど、ダンスの枠を超えてエンターテインメントの世界で幅広く活躍中。

■YOKOI (Wrecking Crew Orchestra)
Wrecking Crew Orchestraのリーダーであり、メンバーやゲストが「座長」と慕う天才的な才能を持ったダンサー。10代の頃から群を抜く身体能力と自在に音楽を体現するハイセンスなアプローチで、ダンスコンテストにチャレンジし、数えきれない優勝を獲得。
常に一日先を走るダンサーとして、国内外にその名を知らしめ、現在のヒップホップスタイルのスタンダードを確立する。

■DOMINIQUE (Wrecking Crew Orchestra)
日本のヒップホップシーン最重要人物の一人。舞台公演、ショー、ジャッジ、WSなど、日本のみならず、海外での活動も精力的にこなすワールドワイドなダンサー。国内外でソロバトルやチームバトル等で優勝を経験し、ヒップホップシーンには珍しい世界チャンピオンの称号を持つ日本人ダンサーの一人でもある。ダンススタジオも経営し、日本有数のキッズダンサーを輩出するなど、後進の指導にも定評がある。

■SAWADA (Wrecking Crew Orchestra)
Wrecking Crew Orchestraの中でも独特の世界観を放ち、大きな体型を生かしたうねりの深い動きは、他に類を見ないオリジナルスタイル。アンセムナンバーから最新チューンまで自在に踊りこなす。「No.1 Dance Contest」などで優勝経験を持つ。

■TATSUO (GLASS HOPPER)
日本を代表するストリートダンサー。数多くの世界大会にて優勝に輝き、グラミー賞受賞アーティストSPEECHのダンサーを務めるなど、国内外で活躍している。2014年、世界最大のストリートダンスバトル「JUSTE DEBOUT」にて世界中から選出されたJUDGE4人の中の一人として選ばれた。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える