• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

南京玉簾にアカペラも披露!!AKB48春風亭小朝公演「イヴはアダムの肋骨」が開幕

(C)AKS

 新チーム体制での公演が行われる11月までの期間に行われることが発表された、AKB48を愛する著名人考案のセットリストによる特別公演。その先陣を切り、9月13日(日)に落語家・春風亭小朝による「イヴはアダムの助骨」公演が秋葉原のAKB48劇場で開催された。

 セットリストだけでなく、出演メンバーも小朝が選出。弟子として「春風コココ」を襲名し本公演のセンターを仰せつかった小島眞子をはじめ、かつて小朝から落語の指導を受けたことがある峯岸みなみ、小朝の推しメン・向井地美音など、“小朝選抜”16名がチームの垣根を越えて集結。

 コココの「春風亭小朝公演、行くぞー!」の掛け声で公演はスタート。小朝が「オープニングのためにあるような曲」という『初日』を皮切りに、200曲を聞いて選び抜いたセットリストが展開。

「神はイヴをアダムの肋骨から造られた」という聖書の一節から名付けられた公演タイトルにちなみ、大森美優が「皆さんのイヴになれるよう頑張ります」というと、阿部マリアからは「小朝師匠のイヴになります」というコメントが飛び出した。また、セットリストの合間には、伝統芸能の「南京玉簾」も取り入れられ、小笠原茉由と後藤萌咲とドラフト生3名が「手が擦り切れるほど猛特訓した」という、そのお手前を披露。東京タワーや鯛、打ち上げ花火などを再現し、会場からは大きな拍手が沸き起こった。

 さらに「大声ダイヤモンド」が、ボイスパーカッションを交えながらのアカペラバージョンとして披露されるなど、いつもとは趣向の異なる演出が散りばめられ、ファンだけでなくメンバーにとっても新鮮で刺激的な公演となった。

 小朝は「このセットリストを組むにあたって先ず考えたのは、メンバーの皆さん1人ひとりに楽しんでもらいたいということ。そしてファンの方々から“オレの推しメンに何してくれてんだ!”とお叱りを受けないようにする、という2点でした。少しでも“何か楽しかったなぁ、何となく幸せな気持ちになったなぁ”と感じていただければ、この公演は成功です」とコメント。

 著名人考案の特別公演として、サッカー元日本代表の岩本輝雄考案によるセットリストで上演される「青春はまだ終わらない」公演は、9月18 日(金)に初日を迎える。

(C)AKS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える