• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

アニメ『カード・バトルZERO』PRイベントに FUNCTION6chが登場!福原香織の海外アニメ声優初挑戦も発表

 10月25日(日)より日本初放送される海外アニメ『カード・バトルZERO』の放送開始を前に、書き下ろしの主題歌を担当するFUNCTION6chのメンバーである福原香織、涼宮あつき、マロンがPRイベントに登場。福原が声優として作品に参加することも発表された。

 本作は、カートゥーン ネットワークオリジナルの最新アニメ。日本のカードバトル系アニメにインスパイアされ、オーストラリアをはじめアジア・パシフィックのクリエイターが集結して作られた。アニメ専門チャンネル「海外アニメ!カートゥーン ネットワーク」にて日本初放送される。

 アニメの主題歌を担当する“FUNCTION6ch”は、紅一点で声優としても活躍するボーカル・福原香織と、国内外のブレイクダンスバトルでの実績やイベントプロデュース経験を持つ、涼宮あつき、けいたん、DRAGON、マロン、ムラトミの6人からなる、声優+秋葉系ブレイクダンサー&DJの融合で6つの才能と個性が詰まった注目のアーティスト。

 全員がアニメ好きという彼ら。初めてアニメ主題歌を担当することが決定したときの心境について福原は「私たちもテレビ番組がきっかけでグループが結成されたり、アニメのような展開で集まった6人です。その私たちが本当にアニメの主題歌を担当できるということをとてもうれしく思った」と語った。マロンは“3人が『カード・バトルZERO』の世界に入ったら”というテーマでイラストを描いて披露するなど、本作に対する熱い気持ちをアピール。

 作品をイメージして書き下ろされた楽曲とダンスは、先日ファンの前で初披露されており、これまでの彼らの曲とは違うアグレッシブなカッコよさと、「オペラ座の怪人」を彷彿とさせるダンスで紡ぎだされる世界観にファンも盛り上がったという。

 この日は、福原が声優として本作に参加することと、担当する役がヒロたちのクラスメイトの女の子・ルシンダであることも発表された。福原は「海外アニメの吹替えは、初めての経験。どんなキャラクターを作っていくのかはこれからですが、“福原節”を聞かせられたら」と意気込み、「主役の下野紘さんとは今までも共演させていただいたことがありますが、いつもムードメーカーで楽しい方なので、また収録でお会いできるのが楽しみです」と語った。

『カード・バトルZERO』は、TVシリーズを10月25日(日)より、「海外アニメ!カートゥーン ネットワーク」にて日本初放送開始。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える