• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

キャイ~ン天野、久々の監督業に意欲!千秋も女優として気合十分「3番手以内に入りたい」

「株式会社ゲオホールディングス 新戦略・新サービス発表会」が開催され、スペシャルゲストとしてキャイ~ン・天野ひろゆき、千秋、メディアコンサルタントの境治らが登壇した。

 発表会では、映像ソフトのレンタル事業等で知られるゲオと、業界屈指のエンタメプラットフォーマーであるエイベックスの提携により、2016年2月より新たな映像配信サービス「ゲオチャンネル」が開始されることが発表された。

「ゲオチャンネル」は、映画や海外ドラマ、キッズ、アニメ、人気アーティストのミュージックビデオやライブ映像、成人向けなど多彩な13ジャンル、8万以上のタイトルを楽しめる新たなVOD(ビデオオンデマンド)サービス。月額590円(税別)で映像コンテンツが見放題となる。オプションとして店舗や宅配のプランもつけると、国内最大級のラインナップを楽しむことができる。

 監督業も務める天野は、“監督・天野”としての会場の反応の薄さに「監督はずいぶん前の話ですが、何の反応もないんで皆さん本当に知らないのか…」と肩を落とした。しかし、「もし監督としてゲオチャンネルで何か撮らせていただけるのなら、結構やれると思う」と自信をのぞかせ、千秋も「(天野の監督作に)出たことないから出たい!」とノリノリ。天野は「もう出演も決まりました(笑)」と、トントン拍子に進むキャスティングに笑顔を浮かべた。

 境は、ゲオとエイベックスとの連携により、ゲオ店舗でのレンタル履歴と「ゲオチャンネル」での視聴履歴の連携で顧客のパーソナルレコメンデーションが実現できる点に着目。「ゲオはレンタルをずっとやっていて1200万人の会員を抱えている。Netflix(9月に日本上陸したアメリカの動画配信サービス)も、もともとレンタルだったんですが、配信に移行して成功したんです。ゲオも同じような成功を見込めるんじゃないですかね。場所(店舗)を持っているのはゲオにとって武器。Netflixは郵送だけでしたから」と、今後の展開に期待を寄せた。

 最後に天野は「まずはゲオチャンネル限定の何かを生み出すのを頑張ってみたいです」と意気込み、役者としての作品出演も「いいですね」と乗り気。しかし、千秋がボソッと「役が限られてる(笑)」とつぶやき会場の笑いを誘った。そんな千秋だが「天野さんの作る作品の3番手以内に入りたい!」と女優として意欲を燃やし、来年2月から始まる「ゲオチャンネル」については、「すぐ契約すると思います!すごく安いので」と言葉を弾ませた。

 株式会社ゲオホールディングス 映像配信サービス「ゲオチャンネル」は2016年2月スタート。

【登壇者】
株式会社ゲオホールディングス 代表取締役社長 遠藤結蔵
エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社 代表取締役副社長 CSO 千葉龍平

株式会社ゲオホールディングス 執行役員 林俊樹
エイベックス・デジタル株式会社 常務取締役 村本理恵子

お笑い芸人・映画監督 天野ひろゆき(キャイ~ン)
タレント・デザイナー 千秋
メディアコンサルタント 境治

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える