• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

結成25周年を迎えた電気グルーヴ初の“伝記”映画公開決定!

(C)2015 DENKI GROOVE THE MOVIE? PROJECT

 昨年結成25周年を迎えた電気グルーヴの結成からのヒストリーを追った初のドキュメンタリー映画「DENKI GROOVE THE MOVIE? ~石野卓球とピエール瀧~」が石野卓球の誕生日でもある12月26日(土)に全国の劇場で公開されることが決定した。

 1989年に石野卓球とピエール瀧を中心に結成された電気グルーヴ。テクノ、エレクトロを独自の感性で構成したトラックと、破天荒なパフォーマンスで話題になり、1991年にメジャーデビュー。誰も行ったことのない場所で、誰も聴いたことのない音を鳴らし、誰も観たことのないパフォーマンスを行って26年。石野卓球とピエール瀧の2人が紡いできた26年間の物語がドキュメンタリー映画に。

 監督を務めるのは、映画「モテキ」「恋の渦」「バクマン。」の大根仁。石野と瀧の2人からの指名だったという大根は、「いちばん面白くて、いちばん狂っていて、いちばんカッコ良い先輩たちは、同時にいちばん近づきたくない、すなわちいちばん仕事をしたくない存在でした。昨年春、この映画の企画をマネージャー・道下氏に告げられたとき、それは赤紙招集のような、恐怖新聞が届いたような気持ちでした」と依頼された時の心境を語った。

 さらに、電気グルーヴの過去25年の映像を編集し、まとめ上げていくという仕事に対し、「過去、それなりに難易度の高いミッションをこなしてきた自負はありましたが、いちばんカッコ良い先輩たちが、怖い批評家であることも知っているオレは、この仕事に確実に『地獄』を予感しました。サブカル世代の合い言葉である“でもやるんだよ!”で乗り切れる仕事でもないことも。今、出来上がった作品を見て思うことは…っていうか、まだ出来上がっていません!!」と大根。

 そんな大根監督が苦闘するドキュメンタリー映画「DENKI GROOVE THE MOVIE? ~石野卓球とピエール瀧~」は12月26日(土)に公開。果たしてどんな作品に仕上がっているのか!?膨大かつ貴重な映像資料から、幻のライブなど貴重なシーン、さらに元メンバーやスタッフ、アーティストたちの証言により、電気グルーヴのヒストリーが語られる。

「DENKI GROOVE THE MOVIE? ~石野卓球とピエール瀧~」
2015年12月26日(土)全国2週間限定年越しロードショー
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン
URL www.denkigroove.com/themovie

【全国共通前売券】¥1,500 (特典付き)
 10月23日(金)より、上映劇場及びプレイガイドにて一斉発売

<スタッフ&キャスト>
監督:大根仁
キャスト:電気グルーヴ(石野卓球、ピエール瀧)天久聖一/Andi Absolon(元ヨーロッパ ブッキング エージェント)/ANI(スチャダラパー)/Bose(スチャダラパー)/CMJK/DJ TASAKA/日高正博((株)スマッシュ 代表取締役)/ケラリーノ・サンドロヴィッチ/道下善之((株)ソニー・ミュージックアーティスツ)/中山道彦((株)ソニー・ミュージックアーティスツ 代表取締役)/小山田圭吾/SHINCO(スチャダラパー)/砂原良徳/山口一郎(サカナクション)/山根克巳(LIQUIDROOM)/山崎洋一郎(rockin’on JAPAN総編集長)/WESTBAM (A to Z)

<ストーリー>
 テクノを初めてメジャー・フィールドに持ち込み、日本のポップ・ミュージックの歴史を大きく変えた電気グルーヴは、なぜ結成26年を迎える今もなお、唯一無比・唯我独尊・イノベイティヴな存在であり続けられるのか──。
26年間の膨大な映像からピックアップした貴重なシーンと、元メンバーやスタッフやミュージシャンや関係者など、電気と関わってきた13人の証言で、電気の26年間を総括するヒストリー&ドキュメンタリームービー。
1989年8月20日大阪・十三ファンダンゴの初ライヴなど初めて世に出る映像や、オーディエンスを熱狂させた2014年7月25日の「FUJI ROCK FESTIVAL’14」グリーンステージでのパフォーマンスなど、ライブ映像もふんだんに収録する。
監督は「モテキ」「恋の渦」「バクマン。}で知られる、「東洋一メジャーとアンダーグラウンドの境界線のない男」大根仁。結成、インディー時代、デビュー、『VITAMIN』での覚醒、『ORANGE』期の危機、“Shangli-la”『A』での大ブレイク、まりん脱退、活動休止、そして卓球と瀧、ふたりでの本格始動まで──。

本作は、ただの音楽ドキュメンタリー映画ではない。
電気グルーヴ。石野卓球とピエール瀧。
二人が紡いできた26年間の物語が、ここにはある。

(C)2015 DENKI GROOVE THE MOVIE? PROJECT

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える