• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

お笑いコンビ・流れ星のデビューシングル「岐阜ミーチャンス」ジャケット公開

 2013年「THE MANZAI」でワイルドカードからの決勝進出を果たし、そこで披露した歌ネタ“肘神様”で一躍全国区の人気を獲得したお笑いコンビ・流れ星。彼らが今年行った単独ライブツアー「☆街道」(スターカイドウ)で披露した“肘神様”に続く、新たな歌ネタ「岐阜ミーチャンス」がファンからの熱い要望を受けてCD化が決定し、今回そのジャケット写真が公開された。

 公開されたジャケット写真は、2人の出身地、岐阜県の名物であり、「岐阜ミーチャンス」の歌詞の中にも登場する合掌造り前で、エルヴィス・プレスリーよろしくフリンジの付いた“スター”風の衣装をまとった流れ星が、これまであまり見せたことのない二枚目路線の表情で立つシュールな仕上がり。ジャケット写真の撮影は、ちゅうえいの生まれ故郷の岐阜県下呂市にある「下呂温泉・合掌村」にて、これまでも流れ星の単独ライブツアーのポスター等で2人とタッグを組んできたフォトグラファー・富取正明が手掛けた。

「岐阜ミーチャンス」は、作詞を流れ星自身が手掛け、作曲は数々のヒット曲を生み出してきたヒャダインが手掛けたポップチューン。ヒャダインは自身のMCを務める番組で流れ星と出会い、流れ星の魅力を「ちゅうえいさんのめくるめくギャグもそうですが、バカとインテリジェンスが交差するコントが最高に面白いです。瀧上(伸一郎)さんのメロディアスタイムがノイズとなっていますが。残念です」と語り、今回の新曲については、「ネタが面白いので、ストレートな曲を書こうと思ったら、普通にめちゃくちゃ良い曲を書いてしまいました。ボーカルも素晴らしかったのですが、高まりすぎた瀧上さんの歌詞間違いが、非常に残念です」とコメント。

 また、このCDには同事務所のお笑いコンビ・どぶろっくの江口直人が作詞&作曲し、流れ星の単独ライブツアーのエンディング曲としてファンの間ではおなじみの「おんなじ拳」も収録される予定。江口は今回のCDデビューについて、「後輩として、十数年見てきた、流れ星お2人の背中。それをそのまま歌にしました。聴いていただいたら分かるはずです。そう。俺は流れ星が大好きなんです」とコメントし、相方の森慎太郎も「流れ星さん、CDデビューおめでとうございます!歌手としては先輩なので、アドバイスのひとつでもと思ってたのですが、『おんなじ拳』を聴いて泣いてしまいました。流れ星さん、あんたらホントにいいコンビだよ!」と絶賛している。

 流れ星のデビューシングル「岐阜ミーチャンス」はポニーキャニオンより10月14日(水)発売。

流れ星デビューシングル「岐阜ミーチャンス」
価格:\1,000+税
[収録内容]
M1:岐阜ミーチャンス
M2:おんなじ拳
M3:岐阜ミーチャンス(カラオケ)
M4:おんなじ拳(カラオケ)
[特典内容]
初回生産分限定封入特典:発売記念イベント参加券(詳細未定)
発売・販売元:ポニーキャニオン

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える