• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

松雪泰子主演のミステリードラマ『連続ドラマW 5人のジュンコ』11・21スタート

 現代社会の縮図ともいえる人間の深淵を描いた、松雪泰子主演の衝撃ミステリー『連続ドラマW 5人のジュンコ』がWOWOWプライムで11月21日(土)より放送される。

 人間の暗部をえぐり出す作風に定評がある作家・真梨幸子の同名小説をドラマ化した本作。映像化しにくいと言われ続けた作品であり、真梨自身も「あえて映像化不可能な小説を執筆してきました。小説でしか表現できないことに拘りたかった」という「5人のジュンコ」が遂に映像化され、連続ドラマとして放送される。

 連続不審死事件の容疑者として逮捕された佐竹純子。事件とは無関係の田辺絢子、篠田淳子、福留順子、守川諄子が、同じ「ジュンコ」という名前のもとに翻弄され、やがて悪意の渦へと巻き込まれていくというストーリー。5人の「ジュンコ」を含め、仕事や結婚、子どもの有無などさまざまな境遇の女性が登場し、現代社会の縮図が描かれている。

 主演は、WOWOW『連続ドラマW 地の塩』で、揺れ動く心情をみごとに表現した松雪泰子。ほかに、佐竹純子役には小池栄子、篠田淳子役にはミムラ、福留順子役には西田尚美、守川諄子・美香役には麻生祐未というキャストが名を連ねる。

 主演の松雪は、本作への出演決定を受け「女性たちによるサスペンスという、今までに体験したことのない作品ですので、新しい感覚で挑めるのではないかと感じています」とコメント。また、今回演じる“田辺絢子”の印象について「私が演じる“田辺絢子”は非常に信念のある、洞察力の深い女性です」と語り、初のジャーナリスト役については「彼女自身がジャーナリストになった経緯はある過去の経験によるもので、より真実を追求する思いを強くもった女性です。静かな洞察の中に強い信念を表現したいと思っています」と意気込みを語った。

 また、連続不審死事件の容疑者の佐竹純子を演じる小池も、「面白くてニヤニヤしながら台本を読みました。一癖も二癖もあるキャラクターが混じり合い、見応えのある作品ができるのだなと思い、ワクワクしました。女だらけの世界に身を置き、頭も感情も暴れ放題にして楽しみたいと思います。どうぞ楽しみにしていて下さい」とコメントしている。

『連続ドラマW 5人のジュンコ』
放送:11月21日(土)  ※第1話無料放送
毎週(土)後10・00~WOWOWプライムチャンネル

【STORY】
連続不審死事件の容疑者、佐竹純子(小池栄子)が逮捕された。5人もの男を殺害したとされる事件は連日テレビのワイドショーをにぎわせ、マスコミ報道が加熱する中、ジャーナリストの田辺絢子(松雪泰子)は事件の真相を探るため取材を開始する。田辺は佐竹の中学時代の同級生から篠田淳子(ミムラ)という女性が親友だったという情報を入手し篠田の会社を訪ねる。そんな中、テレビ番組で田辺を見た昔の職場の同僚で、専業主婦の福留順子(西田尚美)が田辺を訪ねてきた。田辺は取材協力の情報提供かと思ったが、福留の口から出てくるのは社宅のヒエラルキーへの悩みと雑談ばかりだった。気を取り直して事件の取材を続ける田辺だったが、ある時、佐竹の事件に関わる被害者のひとりではないかと思われる人物が浮上してくる。その人物はすでに亡くなっている守川諄子(麻生祐未)という女の息子だった。

原作:真梨幸子『5人のジュンコ』(徳間書店刊)
脚本:渡辺千穂(「ファースト・クラス」「連続ドラマW 悪貨」)
監督:権野元(「連続ドラマW 悪貨」「連続ドラマW テミスの求刑」)
音楽:羽岡佳(「連続ドラマW 震える牛」「連続ドラマW 悪貨」)
出演:松雪泰子 ミムラ 西田尚美 ・ 麻生祐未 小池栄子 ほか

公式HP:http://www.wowow.co.jp/dramaw/junko/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える