• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

女子レスリング界のホープ!登坂絵梨の世界選手権3連覇に密着

(C)MBS

 9月20日(日)に放送されるドキュメンタリー『情熱大陸』(MBS/TBS系全国ネット 後11・00~11・30)は、女子レスリング・登坂絵梨に密着する。

 9月9日、アメリカ・ラスベガスで行われた世界選手権で、3連覇を達成した登坂。優勝することで、夢の舞台「オリンピック出場」への切符をほぼ手中に収めることができる今回の世界選手権は、登坂にとって大きな意味を持つものだった。2012年の世界選手権で、大学1年生の登坂は、初出場で決勝まで進み、一度は優勝を言い渡されながらも相手側の抗議により判定が覆り、涙をのんだ。その悔しさをバネに挑んだ2013年の世界選手権では見事優勝し、昨年、今年と3連覇で、来年のリオデジャネイロオリンピック代表に内定した。

 番組では、身長152cm、48kgの小さな体で大きな舞台を目指す登坂に密着。過酷を極める減量、長引くけがとの闘い、負けられない重圧など、3連覇を懸けて臨んだ世界選手権までを追う。

登坂絵梨プロフィール
1993年8月30日、富山県高岡市生まれ。
レスリングで国体出場の経験を持つ父の影響で、9歳から地元・高岡の道場でレスリングを始める。国民栄誉賞の吉田沙保里、オリンピック連覇を成し遂げた伊調馨など、多くの世界チャンピオンを輩出しているレスリングの名門・至学館大学に進み、4年生となる現在はレスリング部のキャプテンとしてチームを支える。
2013、14、15年で世界選手権3連覇を達成し、2016年のリオ五輪代表に内定する。

『情熱大陸』
公式サイト http://www.mbs.jp/jounetsu/
公式Facebook https://ja-jp.facebook.com/jounetsutairiku
公式Twitter https://twitter.com/jounetsu

(C)MBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える