• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ジャニーズWEST・桐山照史が「夢だった」朝ドラ出演決定!

 9月28日(月)よりスタートするNHK連続テレビ小説『あさが来た』(NHK総合 (月)~(土)前8・00ほか)に、ジャニーズWESTの桐山照史が出演することが発表された。

『あさが来た』は、幕末から明治へと激動の時代を駆け抜け、女性実業家となったあさ(波瑠)と、彼女を支え続けた新次郎(玉木宏)の物語。ヒロイン・あさの少女時代からの成長と奮闘を描いていく。

 桐山が演じるのは、玉木演じる白岡新次郎の弟で、商売に興味のない新次郎に代わって幼い頃から店を手伝う両替屋・加野屋の三男の榮三郎役。

 榮三郎役での出演が決まった桐山は「夢だった朝ドラ出演が実現し、喜びとともに不安や緊張もありますが、桐山照史なりの榮三郎を演じていきたいと思います。そして、早く続きが見たい、早く明日がきてほしいと思ってもらえるドラマを届けられるように頑張ります。一日の始まりにぜひ『あさが来た』見ておくれやす」と意気込みを語った。

 また、桐山の出演にあたり制作統括の佐野元彦エグゼクティブ・プロデューサーは、「榮三郎は、白岡家の三男として人懐っこい性格を持ち、かつ将来的には社長になっていくシャープな側面を持っています。その柔らかさと鋭さを、両方表現してくれるのは桐山照史さんしかいないと思い、出演をお願いしました。桐山さんの存在がこのドラマの魅力の1つになると確信しています」と期待を寄せている。

 桐山は、11月26日(木)放送の第9週(52回)より登場予定。

9月28日(月)スタート
連続テレビ小説『あさが来た』
NHK総合 前8・00~8・15
BSプレミアム 前7・30~7・45

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える