• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

音楽ドキュメンタリー映画「ロイヤルコンセルト・ヘボウ オーケストラがやって来る」公開決定&ビジュアル解禁

 映画「アンダーグラウンドオーケストラ」などで知られる巨匠エディ・ホニグマン監督による、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団初の音楽ドキュメンタリー映画「ロイヤル・コンセルトヘボウ オーケストラがやって来る」が、2016年1月に公開されることが決定し、そのポスタービジュアルが解禁された。

 オランダ・ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団は、ベルリン・フィル、ウィーン・フィルと並ぶ世界三大オーケストラで、国王からロイヤルの称号を与えられた王室御用達のオーケストラ。2013年には、創立125周年を記念するワールドツアーを行い、英グラモフォン誌の世界のオーケストラ2014年では第1位に選出。彼らの音楽は、世界中の人びとの心を揺り動かしている。

 今回解禁されたポスタービジュアルでは、団員たちの素顔や聴衆とふれあうシーンなども映し出され、キャッチコピーの「聴くものが、人生を重ねる時、音は初めて音楽になる」からも、本作がただの団員たちのインタビューやリハーサル風景を集めた音楽ドキュメンタリーではないことが伝わってくる。

ドキュメンタリー映画「ロイヤル・コンセルトヘボウ オーケストラがやって来る」は、2016年1月、渋谷ユーロスペースほか全国公開。

【STORY】
 世界三大オーケストラである、オランダの王立オーケストラ ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団初のドキュメンタリー映画。2013年、創立125周年を記念して行われたワールドツアーは、オーケストラの楽団員たちにとって、世界中の人びとふれあい、限りない音楽の力を再発見する旅だった。世界ナンバーワン オーケストラの楽団員たちが奏でる類い稀なその響きが世界中の人びとの心を揺り動かす。

【スタッフ&キャスト】
出演:ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽
監督:エディ・ホニグマン
日本語字幕:和田絵理
字幕監修:奥田佳道

公式HP www.rco_movie.com

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真