• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

大ヒットドラマ『相続者たち』のイ・ミンホ、パク・シネ、キム・ウビン出演映画が連続公開

 韓国ドラマ『相続者たち』キャストのイ・ミンホ、パク・シネ、キム・ウビンが出演する映画がこの秋、3作品連続で公開される。

 本作は、韓国で視聴率No.1を記録し、日本でも大ヒットした人気ドラマ。名門私立貴族学校・帝国高校を舞台に、富裕層の高校生たちの苦難と成長、そしてロマンティックで熱い恋模様を描いた青春ロマンス超大作は、韓国内で“相続シンドローム”という一大ブームを巻き起こした。

 まず、10月17日(土)より公開されるのは、イ・ミンホ待望の初主演映画「江南ブルース」。ドラマ『相続者たち』をはじめ『花より男子~Boys Over Flower~』などロマンティックな役どころで、世の女性たちを虜にしてきたイ・ミンホ。本作では、人生の成功を夢見てヤクザの世界に入り、江南の土地開発を巡った利権争いに飛び込む若者を熱演する。

 2作目は、11月7日(土)に公開となる、パク・シネ出演の映画「尚衣院-サンイウォン-」。朝鮮王室の衣装を手がける秘密の空間を舞台に、新旧デザイナーの美をかけた対決と王室を揺るがす運命の行方が描かれる。パク・シネは、朝鮮王朝が舞台の時代劇には初出演で、本作ではその美貌で天才仕立て師ゴンジンや王をも虜にする王妃を好演。

 そして、3作目となるのは、11月28日(土)より公開される、キム・ウビン主演の最新映画「技術者たち」。本作は、金庫破りに人材調達、ハッカーと優れた技術を併せ持つ最強の犯罪チームが挑む、かつてない壮大な強奪計画を描き、ハリウッド映画を凌ぐスケールとエンターテインメント性にあふれた作品。キム・ウビンは犯罪チームのリーダーで金庫破りのジヒョクを演じ、モデル出身の長身と鍛え上げられた身体を駆使した華麗なアクションシーンも披露する。

 逃れられない運命の中でひたむきに愛を貫く、キラキラした甘く切ないラブストーリー『相続者たち』の世界から一転、それぞれの世界で自らの運命を賭けたバトルを繰り広げる姿にファンはハラハラ、ドキドキすること間違いなし。この秋公開の3作品に注目したい。

<ドラマ『相続者たち』とは>
 2013年10月9日から12月12日に韓国のSBSで放送された中編テレビドラマ。全20回。 日本では2014年4月27日から7月5日までKNTVで放送。視聴率No.1を記録し、2013年SBS演技大賞 最優秀演技賞(イ・ミンホ)ほか9冠受賞。舞台は富裕層が4つの階級に分かれている帝国高校。いずれ会社を相続する真の財閥2世、3世集団の「経営相続者集団」、生まれた時から多くの株を保有している「株相続者集団」、お金より名誉を大事にする2世、3世が集まる「名誉相続者集団」、この学校にふさわしくないが、仕方なく入学した「社会配慮者集団」。一度、アメリカで偶然出会った御曹司のキム・タン(イ・ミンホ)と貧しい家庭で暮らすウンサン(パク・シネ)はそこで運命の再会を果たし、それぞれの人生が動き始める。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える