• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

WOWOW「エキサイトマッチ」放送1000回記念スペシャルコンテンツを放送

(C)NAOKI FUKUDA

 WOWOW開局以来続く最長寿番組「エキサイトマッチ~世界プロボクシング」が、5月5日(日)で放送1000回目を迎える。

 これを記念して、WOWOWライブでは、当日5月5日(日)に5階級制覇の天才ボクサー、フロイド・メイウェザーの王座統一戦を生中継するほか、3団体統一世界ヘビー級チャンピオンのウラジミール・クリチコの14度目の防衛戦を放送。

 また5月3~5日に、WOWOWプライムとWOWOWライブで、豪華ゲストが過去999回の放送を振り返りながらボクシングの魅力を語りつくす特別番組や、マイク・タイソンやオスカー・デラ・ホーヤといった伝説のスターボクサーの名勝負選を惜しみなく放送するスペシャルプログラムを用意している。放送1000回に華を添えるラインナップは以下。

「伝説のボクサー名勝負選~エキサイトマッチ1000回スペシャル デラ・ホーヤ、トリニダード」
WOWOWライブ 5月3日(金)後3・00
●第1回 スターボクサー2選手の名勝負選を放送。史上初の6階級制覇を達成した“ゴールデンボーイ”オスカー・デラ・ホーヤとアイク・クォーティーの世界ウェルター級タイトルマッチ(1999年)ほか、3階級制覇のチャンピオン、トリニダードは“20世紀最後のビッグマッチ”と謳われたフェルナンド・バルガス戦(2000年)をオンエア。

「伝説のボクサー名勝負選~エキサイトマッチ1000回スペシャル タイソン、チャベス、ハメド」
WOWOWライブ 5月4日(土)後3・00
●第2回 スターボクサーのマイク・タイソンほか3選手を特集。1980年代後半から1990年代にかけて活躍したタイソンの名勝負選は、2度にわたり死闘を繰り広げたドノバン・ラドックとの初戦(1991年3月)が登場。フリオ・セザール・チャベスとグレグ・ホーゲンとの世界S・ライト級タイトルマッチ(1993年)、ナジーム・ハメドとケビン・ケリーの世界フェザー級タイトルマッチ(1997年)の3カードをオンエア。

「ボクシング忘れられない瞬間ベスト100 ~エキサイトマッチ1000回スペシャル」
WOWOWプライム 5月4日(土)後8・30(無料放送)
●放送1000回を記念し、「我こそはエキサイトマッチファン!」と言う著名人がボクシングの忘れられない瞬間ベスト100を迫力の映像とともに語りつくす無料放送番組! 翌日放送する2人の現代スターボクサー、フロイド・メイウェザー、ウラジミール・クリチコのビッグマッチ2試合の直前情報や見どころも。豪華ゲストも登場。

「生中継!エキサイトマッチ1000回スペシャル メイウェザー戦、W・クリチコ戦」
WOWOWライブ 5月5日(日)前10・00
●5階級制覇のWBC世界ウェルター級チャンピオン、フロイド・メイウェザーと4階級制覇の暫定チャンピオン、ロバート・ゲレロの王座統一戦を、アメリカ・ラスベガスのMGMグランドホテルから衛星生中継。また、3団体統一世界ヘビー級チャンピオンのウラジミール・クリチコのドイツで行われる防衛戦も放送。

「エキサイトマッチ」放送1000回記念スペシャルコンテンツを放送WOWOWがネットからの加入申し込みですぐ見られる!
 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真