• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

映画「インサイド・ヘッド」11・18MovieNEX発売決定!製作舞台裏や未公開シーンも収録

 この夏、興行収入40億円突破の大ヒットを記録したディズニー/ピクサーの最新作「インサイド・ヘッド」のMovieNEXが11月18日(水)に発売されることが決定した。

 本作は、11才の普通の女の子・ライリーの頭の中に存在する5つの感情たち(ヨロコビ、イカリ、ムカムカ、ビビリ、カナシミ)が繰り広げる、誰も見たことが無いユニークでカラフルな感動と冒険のファンタジー。「トイ・ストーリー」(95)から常に世界中を魅了し続けてきたディズニー/ピクサー長編アニメーションの20周年に相応しく、あらゆる世代が楽しめる感動作だ。日本版吹替えは、竹内結子、大竹しのぶ、佐藤二朗といった豪華メンバーが担当している。

 MovieNEXには、デジタルコピーのほか、製作の舞台裏に迫る限定映像や未公開シーンを収録。さらに、オリジナル待ち受けがダウンロードできるほか、スペシャルアイテムがもらえる企画も。

【STORY】
 ライリーは、笑顔が素敵な活発な11才の女の子。彼女の頭の中には5つの感情が存在する。ライリーを楽しい気持ちにすることが役割のヨロコビ、嫌いなものを拒絶する役割のムカムカ、腹が立った時に怒りを爆発させる役割のイカリ、危険からライリーを守る役割のビビリ。でもライリーを悲しませてしまうことしかできないカナシミの役割だけは謎に包まれている…。そんな感情たちは、頭の中の司令部で、ライリーを幸せにするため日々奮闘していた。
ある日ライリーは、住み慣れた大好きなミネソタを離れ、見知らぬ街サンフランシスコで暮らし始める。不安定になった彼女の心は、感情たちに思わぬ大事件を起こす。転校先の教室で自己紹介をしているその時、カナシミがミネソタでの楽しかった≪思い出ボール≫に触れてしまい、ライリーは泣きじゃくってしまう。自身でもワケがわからぬカナシミの無意識にボールに触れてしまう衝動により、ついにヨロコビとカナシミは司令部の外に放り出されてしまう!
2つの感情を無くしてしまったため、頭の中の世界は異変の兆しを見せ始め、2人は巨大迷路のような ≪思い出保管場所≫に迷い込み、ヨロコビ不在の司令部も大混乱となる。その頃ヨロコビとカナシミは自分たちも今まで見たことが無かった驚きと色彩に満ちた世界で大冒険を繰り広げていた。―司令部を目指してライリーを再び笑顔にするために!

公式HP:http://www.disney.co.jp/movie/head.html

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真