• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ヒュー・ジャックマン、松田聖子にむちゃぶり「バースデーソングを歌ってほしい!」

 映画「PAN~ネバーランド、夢のはじまり~」のジャパンプレミアが行われ、ヒュー・ジャックマン、リーヴァイ・ミラー、ジョー・ライト監督、そして日本語吹替版の主題歌を担当する松田聖子が登場。ヒューが松田に歌のリクエストをするむちゃぶりで会場を沸かせた。

 降りしきる雨の中行われたレッドカーペットイベントだったが、会場には約650人の観客とマスコミ約100人が詰め掛けた。キャストらは丁寧にファンサービスに応じ、ヒューやリーヴァイは映画のTシャツを会場に投げ入れるなど大盤振る舞いで、いたるところで争奪戦が。

 主人公・ピーターを演じたリーヴァイは、本作への出演について「とにかく信じられない、本当に素晴らしい経験になりました」と興奮気味に語った。ヒューは、自身が演じた海賊・黒ひげ役について「主人公の敵でもあり友でもある不思議な関係」と説明。リーヴァイについては「日本のみならず世界中がこの若い少年に恋をすると思う」と、彼の演技を絶賛した。

 この日は、イベント前日に13歳の誕生日を迎えたリーヴァイを祝福すべく、会場の皆でバースデーソングをプレゼントするサプライズ企画を用意していた。しかし、トークの最中、ヒューが突然リーヴァイへ向け「ハッピーバースデートゥーユー♪」と熱唱。ヒューの生歌に会場のボルテージは最高潮に達し、観客もヒューに合わせ大合唱。まさかの逆サプライズに会場は大盛り上がりだった。

 歌唱後、ヒューは自身のスマートフォンでリーヴァイや監督とともにセルフィーを撮影し、日本語で「私は日本に来てとてもうれしいです」とコメント。リーヴァイも「すごくラブリー!」と思いがけないサプライズに感動していた。しかし、フライングでリーヴァイの誕生日を祝ってしまった事実を知ったヒューは唖然とし、その後思わず照れ笑い。ヒューのおちゃめな姿に会場も温かい笑いに包まれた。

 また、この日は日本語吹替版の主題歌を歌う松田聖子も登場。松田は「(本作は)ストーリーが素晴らしくて映像もきれい。最後は感動して涙してしまいました」と告白した。

 最後にヒューは、「本作はハートがあるアドベンチャーアクション。ビジュアルも見たことがないくらいすごい。そして大人は子供に戻れる“薬”になる映画」とPR。これでイベント終了かと思いきや、突然ヒューが「日本語でバースデーソングを歌ってくれるかい?」と松田にお願い。ヒューからのむちゃぶりに困惑した松田だったが、迷った挙句、ヒューと同じく英語でバースデーソングをリーヴァイにプレゼント。会場からは拍手が送られ、ヒューが松田に駆け寄り頬にキスをすると、ここでも会場は大いに沸き立った。

「PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~」は10月31日(土)より3D/2D、字幕版/日本語吹替え版 全国公開。

配給:ワーナー・ブラザーズ映画

公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/pan/

(C)2015 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える