• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「パトレイバー」実物大イングラム最後の都内走行!

(C)2015HEADGEAR/「THE NEXT GENERATION –PATLABOR-」

 アニメ史に残る空前の大ヒットを記録した「機動警察パトレイバー」の実写映画『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦 ディレクターズカット』が10月10日(土)に全国公開される。その公開に先駆けて東京都内でトランスポーターの走行が決定した。

 本作は、5月に公開された「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」を、押井監督全カット責任編集の基、27分の映像を追加。リアル・ロボットアクションの側面はそのままに、正体が謎に包まれたままだった戦闘ヘリ・グレイゴーストを操るテロリスト灰原零をめぐるミステリーや、お気楽な日常から、生死を賭けた戦闘に巻き込まれる特車二課の面々の描写が加わり、より深みを増した登場人物たちを通じて“21世紀のいま描かれる「パトレイバー」”の時代性とメッセージ性、 映像作家・押井の色がより鮮明となった119分の新バージョンとして生まれ変わっている。

 映画「パトレイバー」は、2014年4月の第1章の上映から、9作目のとなる10月10日(土)の本作の公開をもって、遂に1年半の上映が終了。「パトレイバー」のトランスポーターもこれで見納め。実物大のイングラムが搭載されたトランスポーターは、10月8日(木)、9日(金)、12日(月)の3日間、秋葉原や新宿、銀座を中心に都内を走行。さらに、10月10日(土)、11日(日)の2日間は、お台場で行われる東京モーターフェスにてデッキアップされる予定だ。

〈スタッフ&キャスト〉
出演:筧利夫、真野恵里菜、福士誠治、太田莉菜、千葉繁、森カンナ、吉田鋼太郎、高島礼子
監督・脚本:押井守
音楽:川井憲次
原作:ヘッドギア
制作:東北新社
VFX制作:オムニバス・ジャパン
配給:松竹
製作委員会 公式サイト:patlabor-nextgeneration.com

(C)2015HEADGEAR/「THE NEXT GENERATION –PATLABOR-」

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える