• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

A.B.C-Z橋本良亮&河合郁人のW主演で村上龍原作「コインロッカー・ベイビーズ」の舞台化が決定!!

 1980年に発表された村上龍による小説「コインロッカー・ベイビーズ」が2016年6月に初めて音楽舞台化されることが決定。主演にA.B.C-Zの橋本良亮と河合郁人が発表された。

 当時起こったコインロッカー幼児置き去り事件を題材にした本作は、発表と同時に衝撃的なセンセーショナルを巻き起こし、第3回(1981年)野間文芸新人賞受賞を受賞。コインロッカー・ベイビーズとは、コインロッカーに置き去りにされた主人公のキクとハシ2人のことを指し、彼らを主軸に現代の若者を痛切に批判している。密閉されたコインロッカーで何も出来ない、何をしても無駄に終わってしまうという無力感を葛藤や屈服、反抗、逃走する姿で今日の若者を表わす、激しくもせつない物語。

 ハシ役・橋本は「村上龍さん原作のコインロッカー・ベイビーズが2016年6月に幕が上がります。僕はハシ役でやらさせていただきます。僕の名前が橋本なので嬉しいです。このロングセラー小説を自分なりに自信をもってみなさんを満足出来るように橋本良亮頑張りたいと思います」、キク役・河合は「大ベストセラー小説のコインロッカー・ベイビーズに出演できる事に今からワクワクしてます!僕の演じるキクはもの凄く強いキャラクターで想像もしたことのなかった人物像です。でも、魅力的なので、今から楽しみです!今までの河合郁人からは想像できないくらい、入り込んで役作りしたいと思っていますので、お楽しみに!」とそれぞれ意気込みを語った。

 主人公ハシとキクを演じる、橋本と河合のキャスティング理由をプロデューサーは、「橋本さんと河合さんは、お芝居と歌の表現力が長けていて、作品のメッセージにある、若者の持つエネルギー、純粋さ、可能性を、二人が秘めていると感じました。さらに、透明感あふれ、この役を演じる役者さんとして、最もふさわしいと実感しました」とコメント。

 舞台「コインロッカー・ベイビーズ」は16年6月4日(土)から東京・赤坂ACTシアターにて上演。

『コインロッカー・ベイビーズ』公演概要
公演日程:2016年6月4日(土)~6月19日(日)
会場:赤坂ACTシアター

<スタッフ>
原作:村上龍
脚本・演出:木村信司  

音楽:長谷川雅大 、美術:大田創 、衣裳:有村淳、照明:勝柴次朗、振付:麻咲梨乃、音響:鈴木宏 
ヘアメイク:川端富生、舞台監督:南部丈  

<キャスト>
ハシ…橋本良亮(A.B.C-Z)
キク…河合郁人(A.B.C-Z)
※他キャストは後日発表予定

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える