• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

香取慎吾、親友・山本耕史の結婚をイジリまくり!「僕のほうが彼女よりも先にストーカーされた」

 三谷幸喜監督待望の最新作「ギャラクシー街道」の完成披露試写会が10月5日(月)に行われ、香取慎吾、綾瀬はるか、小栗旬、優香、西川貴教、遠藤憲一、段田安則、石丸幹二、秋元才加、阿南健治、梶原善、田村梨果(ミラクルひかる)、山本耕史、大竹しのぶ、三谷監督の計15名が登場した。

 三谷監督の第7作となる本作は、2265年の宇宙の片隅にある小さなハンバーガーショップを舞台に、そこで働く人々と、客たちが織りなす宇宙人模様を描く、三谷流スペース・ロマンティックコメディ。

 超豪華キャスト陣のなか、主演を務めた香取は「三谷さんとまた一緒にお仕事ができて、さらにこんなに素敵なキャストのみなさんのど真ん中に立っていることが本当に信じられません。とっても光栄に思っております」とあいさつ。大竹が「あの本当にくだらなくて何もない映画なんですけど…」と話し始めると、隣にいた香取と西川がすかさず止めに入り、会場は大爆笑。三谷が聞いていなかったこともあり、大竹は「本当に楽しくて笑えてほんわかする、芸術性あふれる素晴らしい映画」と笑顔でいい直した。

 初お披露目ということで、香取は「どういう中身なんだろうって思っている人がたくさんいると思うので、やっとみなさんに分かってもらえる日が来ました。本当にこの映画が出来て、今後の日本のエンターテインメントはどうなってしまうのか、大丈夫なのか!?もはや不安になるぐらいの歴史に刻まれる映画だと思います」と仕上がりに自信を見せた。

 撮影は順調に行われたようで「和気あいあいとはしていましたけど、すごいサクサク進んでいきました」と小栗が振り返ると、香取も「すごい早かったんですよ。時間が遅くなって夜中までなんてことは1度もないくらい!こんな現場初めてでした」と同調するが、三谷監督が「まぁサクサク進んだ作品がいい作品とは限らないですからね」と返し、会場は笑い包まれた。

 また、物語の舞台が“宇宙”ということにかけ、三谷監督がキャスト陣の“宇宙一○○”なところを発表。香取を『宇宙一熱い男』と称した三谷監督は「彼はクールなように見えますけど、実は本当に心が熱い男なんですよ」と熱く語り、「最近彼の親友が結婚したんですけど、人前ではうざったいみたいなことを言っていますが、1番喜んだのは彼らしいです」と香取の親友である山本の結婚に触れ、「その親友がちょっとストーカー呼ばわりされたこともあったらしいんですけど、1番憤っているのは彼なんですよ。“ストーカーなんて呼ぶな!”って」と暴露。すると、香取も「そうですね。僕のほうが彼女よりも先にストーカーされましたからね!奥さんと話したらすごい気持ちが合うと思うので、早く奥さんと話したいです」とたたみかけて笑いを誘った。

 そして、三谷監督から“宇宙一調子にのっている”とさらに追い討ちをかけられた山本が「もう何言われても屁でもないです」と余裕の表情をみせると、香取は「ここは調子に乗ってますから!こんばんは、堀北慎吾です」と最後までイジリ倒していた。

 映画「ギャラクシー街道」は10月24日(土)より全国東宝系にて公開。

公式サイト http://galaxy-kaido.com/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える