• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

連ドラ初主演の有村架純「本当に面白いドラマが出来たと胸を張りたい」

 10月10日(土)からスタートする有村架純主演の『連続ドラマW 海に降る』(WOWOW (土)後10:00)の第1話完成試写会が行われ、主演の有村をはじめ、共演する井上芳雄、板谷由夏、時任三郎らキャストと山本剛義監督が登壇。

 本作は、作家・朱野帰子の同名小説が原作。海洋科学に関する研究機関・JAMSTEC(海洋研究開発機構)を舞台に、有人潜水調査船「しんかい6500」の日本人初となる女性パイロット・天谷深雪(有村)の姿を描く。

 連続ドラマ初主演の有村は、「自分としては毎日必死で、いい作品にしようという気持ちだけで最後まで走り切ることが出来ました。本当に面白いドラマが出来たと胸を張りたいです」と手応え十分。撮影前にはJAMSTECに見学に行ったそうで「それがあった事で、女性パイロットの仕事が理解できた。とてもたくましくて、男気があってカッコいいと思わせてくれる役でした」と振り返った。

 深雪をサポートする地質学研究者・高峰浩二役の井上は、「思った以上のセリフ量と専門用語が多くて、周りの先輩から“大変だね”と圧力が凄かった」と苦笑い。撮影と同時にミュージカルに出演もしており、「死神役のミュージカルをやっていたので、その姿でセリフをブツブツ覚えていたのが面白かった。でもセリフを覚えるのは苦じゃなくて、知らない世界を知っていく喜びがありました」と好奇心を武器に乗り越えたよう。

 JAMSTECの元パイロット兼研究者である深雪の父・天谷厚志役の時任は、回想シーンのみの出演のため、深雪役の子役との共演だった事もあり、壇上の“成長した深雪=有村”の姿を見て「深雪、大きくなったな。こんなに美しい女性に育つとは思ってなかったよ」と感激の声を上げ、会場が笑いに包まれた。

 JAMSTECの広報戦略室長・正田眞美子役の板谷は「JAMSTECという機関を知ることができたのは、今年の夏の収穫。未知の世界を知ることができたのは大きかった」と喜びながら、「本物は凄かった。まさに未知との遭遇で、今度は息子を乗せてあげたい」と「しんかい6500」との対面に声を弾ませた。

 そんな板谷に女優として憧れを抱いていたという有村は「男性陣が多かったので、板谷さんがいてくれただけでホッとしました。整備場にいる時の深雪と、板谷さんと一緒にいるシーンの芝居が自然と変わって、居心地が良かったです。私は大好きです」と笑顔で語り、「告白されちゃった」と肩をすぼめる板谷も「彼女の世代が持っているパワーは言葉にはならない引っ張る力がある。今回の撮影ではそれについて行こうと思っていました」と座長・有村をリスペクトしていた。

 試写会では、日本初となるHDR(ハイダイナミックレンジ)で制作した1話を特別上映。有村は「撮影時に自分の目で観たそのままの世界がくっきりと表現されていている。バッチリですね」と映像の持つ魅力を解説。実際に海底に行くなら?と聞かれると「深海生物は見てみたいですね。好奇心旺盛な親友を一緒に連れて行きたいです」とはにかんでいた。

『連続ドラマW 海に降る』
10月10日(土)WOWOW後10:00スタート(※初回放送無料)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える