• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ネイティブスピーカーでも聞き取れないセリフ!?リアリズムにこだわった映画『名もなき塀の中の王』公開

 闇の暴力に支配された刑務所を舞台に、愛を知らない不良少年が、初めて生きる希望を見つけていくさまを描いた映画『名もなき塀の中の王』が10月10日(土)より全国公開される。

 本作は、少年院から成り上がりとして刑務所に入った不良少年エリックが、暴力でしか自らの存在を示せず刑務所内で孤立してしまう。しかし、刑務所で父親と再会することでエリックは少しずつ変わっていくが、これまでの暴力沙汰の代償がエリックに迫ってくる…。という物語。

「クラムリン・ロード刑務所」で実際に撮影され、よりリアリズムにこだわったという本作。そのため、劇中で出てくるセリフは、ほとんどと言っていいほどがスラングで、刑務所で実際に使われている刑務所用語ばかり。全米で公開された際には、
「登場人物が喋っていることの半分も理解できなかったとして、心配することはない。使われているのはいわゆる刑務所用語であり、デヴィッド・マッケンジー監督による芸術的意図、そして英国刑務所にはびこる残忍さを表現しているのだ。刑務所内で生まれる競り合いにきついなまりを帯びた隠語を使用することで、囚人たちは意思の疎通を図っている」(Variety)
「ここ数年で最も荒く、暴力的であり、アメリカ人の耳には理解不能の英国刑務所のドラマ。物語は簡単な構図であり、力学が明確であるため、観客は物事の要点を拾うことはできる。だが、なまりのきつい、スラングだらけの本作では、そのすべてを読み取ることは難しい。これは刑務所独特のものであるのかどうか判断することもだ。スラングにより欠けている情報が何か考えながら観ることにイラつくこともあるだろう」(The HollyWood Reporter)
などと、内容は大絶賛ながら、そのセリフについては言及が入るほど。

また、日本の映画評論家たちからは、
「人間が人間である為のどうしようもない業を露にして綺麗な人間などいないんだよ、とズバッと言われてしまう感じで、嫌なもの見ちゃったなと思いました」

「凶悪な囚人たちは、尊厳を奪われ続けて育ち、剥き出しで傷だらけの尊厳はいつも血を流していて、少しのことで悲鳴があがり、悲鳴=暴力に直結する。コントロール無用の涙が待っている」

「怪作が並ぶD・マッケンジー監督の中でも、これは頭ひとつ抜けているのではないか。器は「監獄映画」、中身は「青春映画」。その大枠の中で様々なジャンルやカテゴリーの諸要素を配合し、観客の既視感の隙間を縫ってオリジナルな映画の形を創造している」

「いわゆる少年の成長物語なのだが、暴力に支配された刑務所内のリアルな描写で、映画自体にもビリビリするような一触即発の空気が漂っている。それだからこそ少年が闇の中で見出す希望の光が、我々の目にも一層、眩しく映るのである」

「見入ってしまうのは刑務所内の生活と暴力描写の生々しさ、俳優の技術力の高さ。繰り返し見たい傑作」などと大絶賛の嵐。

映画『名もなき塀の中の王』は10月10日(土)よりK’s cinemaほかにて全国順次ロードショー。

『名もなき塀の中の王』
www.heinonaka.ayapro.ne.jp
2013年/イギリス/英語/カラー/シネスコ/ドルビー/106分/原題:Starred Up/字幕翻訳:寺尾次郎 配給:彩プロ/後援:ブリティッシュ・カウンシル
(C)STARRED UP FILMS LIMITED AND CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2013

<ストーリー>
少年院でトラブル続きの暴力的な少年が、成人の刑務所に移送される。そこでも彼の乱暴は止むことがなかったが、心療セラピストとの出会いや、同じ刑務所内に収監されていた父親と再会によって少しずつ変わっていく。暴力でしか自分を示せず、愛を知らなかった少年が、初めて生きる希望を見つけていくのだったが、これまでの行動を問題視していた勢力が動き始め・・・。

<スタッフ&キャスト>
監督:デヴィッド・マッケンジー
脚本:ジョナサン・アッセル
出演:ジャック・オコンネル、ベン・メンデルソーン、ルパート・フレンド、ピーター・フェルディナンド、サム・スプルエル

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える