• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

放送目前!『NCIS:ニューオーリンズ』に出演するスコット・バクラの私生活エピソード公開!!

(C)2015 CBS Studios Inc.

 海外ドラマ専門チャンネル「スーパー!ドラマTV」で、世界各国で絶大な人気を誇る『NCIS ネイビー犯罪捜査班』の最新スピンオフ・シリーズで、全米2014-2015年シーズンの新ドラマにおいて最も高い平均視聴者数を獲得した話題作『NCIS:ニューオーリンズ』が10月30日(金)放送される。その日本初放送を目前に控え、“『NCIS:ニューオーリンズ』のスコット・バクラ私生活でも仲間を救う”という現地の最新ニュースが届いた。

 本作でNCIS ニューオーリンズ支局のリーダー、ドウェイン・プライド捜査官を演じている、スコット・バクラ。プライドは優秀な捜査官であるだけでなく、チームを家族のように扱い、仲間のためなら規則違反もいとわない、情に厚いボスとしても描かれている。

 しかし、そんなスコットの仲間思いは演技だけではなく、プライドの部下でやり手の女性捜査官、メレディス・ブロディを演じる、ゾーイ・マクラーレンの息子の親権裁判にも、スコットはひと役買ったという。

 ゾーイには、離婚した夫で俳優のジャン・ピエール・ジランとの間に、一人息子のセバスチャン君(2歳)がいる。ゾーイは現在、セバスチャン君を、ドラマの撮影地であるニューオーリンズで育てているが、ロサンゼルスに住む元夫にしてみればそれが不満らしい。ニューオーリンズまで息子に会いに行くのは遠すぎるという。さらに元夫は、ゾーイが撮影の間中、セバスチャン君を子守に任せっぱなしであるとも指摘しているという。

 言いがかりのような元夫の発言に待ったをかけたのがスコット。共演者の1人として親権裁判に出廷したスコットは、「ゾーイの人生は、今までもこれからも、たった1つのことだけに集中しています。それはセバスチャン君の母親であるということです」と証言した。

スコットの真摯な証言が功を奏したのか、親権裁判でゾーイは元夫と合意に達した。その合意には、元夫側のセバスチャン君の養育費として、ゾーイが元夫に月4000 ドル(約48万円)支払う条件が含まれているという。

今回、役柄同様に仲間思いのスコットのエピソードが明らかになり、ますます目が離せない『NCIS:ニューオーリンズ』は、海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTVにて10月30日(金)後10・00より放送。また、併せて同日後9・00より、本作の本家シリーズ『NCIS ネイビー犯罪捜査班』もスーパー!ドラマTVにて初放送される。

『NCIS: ニューオーリンズ』 
海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTVにて
10月30日(金)後10:00 独占日本放送スタート
【二カ国語版】毎週金曜 後10:00 【字幕版】毎週金曜 深0:00ほか

『NCIS ネイビー犯罪捜査班』
海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTVにて
10月30日(金)後9:00 チャンネル初放送スタート
【二カ国語版】毎週月曜~金曜 後9:00 【字幕版】毎週月曜~金曜 深1:00

『NCIS:ニューオーリンズ』公式ホームページ www.superdramatv.com/line/ncis_no

(C)2015 CBS Studios Inc.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真